無料の会員登録をすると
お気に入りができます

重岡大毅主演「#家族募集します」が初回から涙腺崩壊!

エンタメ

ジャニーズWEST ・重岡大毅主演の新ドラマ「#家族募集します」(TBS系)が7月9日スタートし、初回の平均視聴率は7.7%だった。

3カ月前に妻を亡くし、突然シングルファーザーとなった赤城俊平(重岡)は、それを気取られまいと息子の前では常に笑顔で、子育てや家事、絵本出版会社の営業マンとして奮闘している。

また、自身の覚悟をもってシングルマザーになった小学校教師の桃田礼(木村文乃)は、“完璧なワンオペ”を目指し、人に頼ることを由としない。

物語は、それぞれに悩みや秘密を抱えるシングルファーザー&マザーたちが、ひとつ屋根の下で子育てをしながらともに過ごし“家族”になっていく姿を描いている。

視聴者からの感想としては「すごくいいドラマでした。来週以降も必ず見ます」「人間の温かみって素晴らしいと感動できるドラマ」「ちょっと昭和チックだけど、ご近所さん同士で支え合っていた古き良き日本という感じ」など好感度は高い。

さらに、主演の重岡に対しても「重岡さん最高。オーバー過ぎないリアルな演技力が最高でした」「こんなに上手な人とは知りませんでした。本当ビックリです」など高評価だ。

「俊平が、学童時代の幼馴染・小山内蒼介(仲野太賀)に促され、シングルファーザーになった辛さを吐露し、号泣するシーンは圧巻でした。『キャッチボールの会話で涙止まらんくなった』『初回からこんなに泣かせてどうするんや』など、視聴者の涙を誘ったようです」(テレビ誌ライター)

金曜日の夜、ほっこりするドラマに感動が広がったようだ。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ