無料の会員登録をすると
お気に入りができます

「毎日片づけても散らかる…。」から卒業!片付けがぐんとラクになる“ワンアクション収納”とは

インテリア

整理収納アドバイザーのkazukoです。毎日片付けに追われている……。片付けても片付けても、片付けが終わらない……。そんな方は、片付けのアクション数が多いのかもしれません。アクション数とは、片付けに必要な動作のこと。片付けに必要な動作が1つで済む「ワンアクション収納」なら、片付けはもっとラクに簡単になります。そこで今回は、我が家のワンアクション収納をご紹介します。ワンアクション収納で、片付けやすい収納を目指しましょう!

帰宅後に外す、腕時計やアクセサリーは、トレイに置くだけ。定位置が決まっていると迷わず動け、帰宅後の家事にサッと取りかかれます。

毎日使うタオルは、オープン棚に置くだけ。頻繁に出し入れする枚数しか置いていないので、オープン棚でも埃は気になりません。

アクション数を減らすためにできること

アクション数を減らすためにできることを意識すると、片付けはどんどん簡単になります。フタつきの収納ケースだと、フタを外す動作を面倒に感じるので、使用頻度は低いけれど保管しておきたいモノのみ、フタつきの収納ケースにしまう。重ねる収納にすると、下に置いてあるものを取り出すのが面倒なので、どうしても重ねる場合は、使用頻度の低いモノを下にしまう。モノを取り出す際、片手で取り出せるか? という意識を持って収納法を考え、両手を使わないと取り出せない収納法は避ける。など、アクション数を減らすためにできることって、意外に多いので、少し視点を変えて、収納を考えてみてください。

我が家の「ワンアクション収納」についてご紹介しました。アクション数を少なくすることで、片付けはもっとラクに、簡単になります。片付けに追われない暮らしを目指して、できることからはじめてみませんか?

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ