無料の会員登録をすると
お気に入りができます

曲げわっぱ飯をマスター♡真似して作るおしゃれ弁当レシピ

曲げわっぱ弁当用のレシピをご存知ですか?動画や作り方の通りにおかずを詰めれば、とってもかわいくておしゃれなランチが再現できます。真似して作ってみましょう♡

2018年10月
レシピ

曲げわっぱ弁当の魅力とは?

詰め方や取扱いをしっかりマスターしよう

曲げわっぱ弁当箱はお手入れが大変なイメージがありますが、コツをつかめば長く清潔に愛用できます。使い方をマスターしましょう。

[使い方のコツ]
・洗剤は無香料のものがおすすめ
・洗ったあとはしっかり水分を飛ばす
・弁当箱の黒ずみには酢水(1:1)に30分漬けて湯で洗う
・油分の多い食材はキッチンペーパーで油を吸い取って詰める

楕円形の曲げわっぱおすすめレシピ

①クルクル豚肉チャーシュー弁当

instagram.com

調理時間はたったの15分。レンジやトースターを使ってチャーシューやゆで卵、茄子のおかずを仕上げるレシピです。斜めにおかずを並べるとリズムができておしゃれ♡

レシピはこちら

②レンジで作れる三色丼

instagram.com

レンジを使って10分で作るお弁当レシピです。鶏とたまごのそぼろもレンチンであっという間!フライパンを洗う手間も省け、忙しい朝でもささっと作れます。

レシピはこちら

③ちくわの肉巻き弁当

instagram.com

ちくわに豚ロース肉を巻いたボリューム満点のおかずは、フライパン1つで作れる時短レシピ。隙間には作りおきのサラダなどをつめて野菜を多く採れるようにすれば栄養バランスもばっちりですね。

レシピはこちら

④牛すきやき弁当

instagram.com

お肉の汁がわっぱ弁当にしみないレシピです。薄焼き卵はレンチンであっという間に作れちゃう!フライパンですき焼きを作る傍ら同時進行できて便利です。

レシピはこちら

⑤レンチンで作れるジャージャー麺弁当

instagram.com

ジャージャー麺弁当はレンチンを繰り返すだけでOK。肉だねから麺までレンジにおまかせです。油分が気になる方は、お弁当の底にサラダ菜などの葉ものを敷いておくとシミ防止になります。

レシピはこちら

⑥鶏ささみのオーロラソース弁当(10分)

oceans-nadia.com

あっさりしがちな鶏ささみをオーロラソースで仕上げたおかずレシピです。油分のシミを防ぐのにフリルレタスを使ってみて!彩りも良く、栄養バランスもUPします。

レシピはこちら

⑦かまぼこステーキ弁当

oceans-nadia.com

お肉や魚のストックがない時に助かるのはかまぼこ!ステーキ風にボリュームを持たせて調理すると満足のいく一品になります。彩りも良く、お弁当がパッと華やかになりますね。

レシピはこちら

ラウンド型の曲げわっぱおすすめレシピ

⑧天むす風おにぎり弁当

instagram.com

揚げないからヘルシー!海老のむき身はレンチンで火を通し、天かすと混ぜてカリカリの歯ごたえを出しているレシピです。すぐに作れてとってもおいしいお弁当です。

レシピはこちら

⑨とうもろこしチーズはんぺん弁当

instagram.com

時間に余裕のある時におすすめなのは、とうもろこしとはんぺんを使ったおかず(たねを冷やす時間が10分ほどかかります)。彩りがよく、食物繊維も豊富な一品は女子の強い味方です。

レシピはこちら

⑩ふとっちょエビフライ弁当

instagram.com

えびをはんぺんでかさ増しした節約レシピです。揚げ物の油はしっかりキッチンペーパーで吸ってから詰めるのが曲げわっぱ流。特別な日やパワーをつけたい日におすすめです。

レシピはこちら

⑪コロコロ鮭フライ弁当

instagram.com

揚げない鮭フライとインゲンのベーコン巻きは、トースターで同時調理!電気料と時間を節約できてお得ですね。きんぴらごぼうはレンチンで作れます。

レシピはこちら

⑫レンジで簡単親子丼

instagram.com

親子丼がレンジで作れる!?鍋を使わないので忙しい朝でも時短できますね。レシピには味噌玉の作り方も紹介されています。

レシピはこちら

⑬フライパンで作る五目あんかけご飯

instagram.com

あんかけ飯は時間がかかるイメージですが、たった15分で餡まで作れちゃいます。フライパン1つでできるお手軽乗っけ弁当です。

レシピはこちら

⑭ちくわの天ぷら弁当

oceans-nadia.com

ちくわの中に人参やピーマンなどを入れ、天ぷら粉でカラッとあげるレシピです。卵が入っていないのでベトッとしておらず、サクサク感も楽しめます。

レシピはこちら

曲げわっぱでおいしいランチタイム

曲げわっぱ弁当はお手入れや詰めるものを工夫すれば簡単に手入れできます。ランチタイムのお供に使ってみてくださいね。

記事に関するお問い合わせ