無料の会員登録をすると
お気に入りができます

実現した人に聞きました! 30歳からでも遅くない♡大人女子の「夢を叶える方法」

「あんな生き方がしたい」「これがしてみたい」……、夢はあるけれど、年齢や仕事、結婚などを理由に二の足を踏みがちなアラサー世代。でも、年齢を重ねてから夢を叶えている人が存在するのも事実。現在、米NBAでチアリーダーとして活躍中の平田恵衣さんもそのひとり。彼女の経験談から、大人女子の「夢を叶える方法」を探ります。これを読めば、一歩踏み出す勇気をもらえるかも。

取材・文/濱田恵理

2018年12月
ライフスタイル

 「自信を持っている人=自分とは違う、遠い世界の人」と考えている人は多いもの。私もかつては、「“自信”はある人にはあって、ない人にはない」と思っていました。でも、今は「自信とは自分を信じる力」であり、本来はみんながそれを持っているものだと考えています。自信はお金で買うものではなく、自分の意識次第。

無いものを数えるより、あるものを見つける

 落ち込んだ時は、「自分には何もない……」と思うのではなく、「自分にはこれがある!」と自分自身にフォーカスしてみることです。「私にあってチームメートにない経験や知識はなんだろう」と。どんな些細なことでもいいと思います。日本語が読み書きできることや、気遣いや時間厳守などの日本人らしさですら、私が今いる環境では特別で珍しいことと考えています。

 そもそも、私は器用に物事をこなして、何事も成功するというタイプではありません。でも、そんな私だからこそ、好きなチアを精一杯頑張る、自分を信じてコツコツ努力をし続ける姿を子供はもちろん、みなさんにお見せできたらと思っています。もし、そこから、夢を叶えるための勇気やポジティブな気持ちを感じ取ってもらえたら、最高に幸せです!

30歳を過ぎても夢は叶う♡

34歳という年齢で再びアメリカの舞台に挑戦した恵衣さん。人生で一番若いのは今日。叶えたい夢があるのなら、小さな一歩から踏み出してみませんか。

記事に関するお問い合わせ