無料の会員登録をすると
お気に入りができます

実現した人に聞きました! 30歳からでも遅くない♡大人女子の「夢を叶える方法」

「あんな生き方がしたい」「これがしてみたい」……、夢はあるけれど、年齢や仕事、結婚などを理由に二の足を踏みがちなアラサー世代。でも、年齢を重ねてから夢を叶えている人が存在するのも事実。現在、米NBAでチアリーダーとして活躍中の平田恵衣さんもそのひとり。彼女の経験談から、大人女子の「夢を叶える方法」を探ります。これを読めば、一歩踏み出す勇気をもらえるかも。

取材・文/濱田恵理

2018年12月
ライフスタイル

34才で仕事を辞めアメリカに

Yoko.B

 米NBAオクラホマシティのチアダンスチーム「サンダーガールズ」のチアリーダー・平田恵衣(けい)さん。現役を引退し日本でOLをしていたものの、今年の夏、34才という年齢で「サンダーガールズ」のオーディションに再挑戦。結果、過酷な争いを勝ち抜き、4年ぶりにNBAのチアに復帰するという夢を叶えた女性です。 

OKC Thunder

平田恵衣さんプロフィール

ひらたけい/大学卒業後、会社員として働く傍ら、チアリーダーとして、千葉ロッテマリーンズ、ジェフユナイテッド市原・千葉など多くのチームで活躍。2012年にNBAのオクラホマシティ・サンダーのチアリーダーチーム「Thunder Girls」の一員になり、2シーズン活動後に引退。帰国後は公益財団法人日本スポーツ仲裁機構事務局に勤務。2018年8月、米NBAに再挑戦し、見事合格。

平田恵衣さんInstagram

30歳から夢を実現した8つの行動

 夢を抱きつつもなんとなく行動できない...30歳を過ぎると、安定志向になりがちな女性が多い中、彼女が夢を叶えられた理由とは? 恵衣さんの行動から、オトナ女子が夢を叶える方法を紐解きます。

1.「なりたい人」を演じてみる

チアリーダーになったきっかけ

 そもそも、チアリーダーになったきっかけは、中学時代にテレビで見たアメリカのチアリーダーのドキュメンタリー番組。夢のために努力しているチアリーダーたちを目の当たりにして、彼女たちをとてもカッコいいと思いました。

 とはいえ、当時は陸上など、他のスポーツをしていたので、チアには縁がなく、月日は経過。大学3年の就職活動の時、「私がやり残したことは何?」と自問したら、それがまさにチアで。そこで、全くの初心者にも関わらず、千葉ロッテマリーンズのチアリーダー募集に応募、運良く合格して、そこから私のチアリーダー人生が始まりました。

理想の自分を「演じる」

 その頃、私がよく意識していたのが、「なりたい人」を演じてみること。「自分を演じるのはよくない。素の自分で勝負すべき!」という意見もあるけれど、私はそうは思いません。なぜなら、なりたい人を演じてみることで、いつかそれが本当の自分になると信じているから。

 私は本来、とてもシャイな人間。子供の頃はものすごく恥ずかしがり屋で、自宅にお客様が来ると、親の後ろに隠れてしまうような子でした。だから、チアリーダーになってもやっぱり、引っ込み思案なところがあって……。そんな部分を克服したいと思った時、中学時代に見たアメリカのチアリーダーたちを思い出したんです。素の自分はシャイでも、チアリーダーのときは彼女たちのようなザ・アメリカンなチアリーダーを演じればいいんだ!って(笑)。

 たとえば、初対面の人にも笑顔で接するとか、話しやすい雰囲気を作るとか、どんな質問にも自信を持って堂々と受け答えをするとか。こんな風に「なりたい人」を演じることができたおかげで、サンダーガールズの試験では、アメリカで評価される自信あふれる女性として勝負できたと思います。

2.「妥協案」を用意しておく

ゼロか100かで考えない

 物事を長く続けるには、「妥協案」を用意しておくことが重要。私にとって、妥協案を用意するというのは、自分の状態やリズムを知ったうえで、無理をせずにチョイスしたり、調整すること。決して、“負け”ではないんです。

 たとえば、毎朝行うジムでのワークアウト。たまに気分がのらなかったり、体調によってはやりたくないこともあります。そんな日は無理してジムに行かず、自宅で縄跳びを1000回やる(笑)! 縄跳びの他には友達とのランニング。ランニングといってもジョギングペースで、45分程度かけて楽しくおしゃべりしながら、公園の中を4㎞くらい走ります。

 ジムに行けなくても、こんな妥協案があると、「体は動かせた」という小さな達成感は得られるから、そこで気持ちが腐らない。また前向きに頑張れるんです。

英語の勉強も同じ

記事に関するお問い合わせ