無料の会員登録をすると
お気に入りができます

「#サレ妻」の心を癒やすのは?回復に役立つ5つのステップ

不倫発覚後の夫はモンスター化しており、妻の気持ちを思いやれる人はかなり少ないのが現状です。傷ついた心には、時間だけでなく自らの行動力も大事!サレ妻さんの心が回復する5ステップをご紹介します。

2018年10月
恋愛・結婚

サレ妻になるとどん底に…

サレ妻とは「不倫をされた妻」の略語で、夫の不倫が発覚すると多くのサレ妻はどん底へと突き落とされます。プライドは無残に砕け散り、涙する日々。「私は価値がない女なんだ」と自己肯定感が低くなる傾向にあります。

ですが、あなたはされた側であり、罪は犯していません。悲しみも一生続くわけではなく、事態が好転する可能性も秘めています。大丈夫、きっと上を向けますよ。

1.不倫の事実を受け止める

夫が不倫した事実は変えられない

サレ妻がまずはじめに受け止めるのは、夫が他の女性と不貞関係にあり、現段階では気持ちも体も自分に向いてない事実です。

愛する人が他の女性に心奪われているのは本当に辛いけれど、多くの不倫は成就せず、夫は奥さんの元へ帰っていくのです。不倫男性は一時の気の迷いや遊び、心の隙間を埋めるため、不倫に走ります。

証拠は握っておこう

不倫相手に夢中になっている時こそ不貞の証拠を握っておきましょう。平静を装うのは大変ですが、女優に徹しメールやLINEをチェックします。

お金に余裕がある方、もしくは、離婚、裁判などを考えている方は探偵を雇うのが◎。夫や不倫女性に対して慰謝料請求する際役立ちます。水面下に入ると証拠を掴むのが難しくなるので不倫追求前に雇うのがベスト!

2.第三者に話して心の整理を

辛い感情はどんどん吐き出そう

不倫が発覚して1ヶ月ほどは誰でも情緒不安定になります。思いっきり泣き、叫び、悲しみに浸りましょう。その作業を怠ると長く不倫の傷を引きずってしまいます。お金と時間を上手に使い、心を解放してくださいね。

夫の不倫を一人で抱え込むと心身共に異常が現れてきます。気の置けない友人や医療機関、カウンセリングなどを利用して心の膿を吐き出し、自分を救いましょう。

親に報告するのは少し待って

なお、離婚の意思がない時は親への不倫報告は遅らせましょう。義理両親があなたに同情するとも限らず、また、あなたのご両親も夫に不信感を持ってしまう可能性があるのです。

記事に関するお問い合わせ