無料の会員登録をすると
お気に入りができます

イライラが止まらない!パートナーへの怒りを解消する5つの対処法

どんなに仲がいいカップルや夫婦でも、長い間一緒にいると彼に対してイライラする瞬間って誰しもあるはず。でも、彼にイライラしてしまうのは、彼の性格だけではなく自分にも問題がある場合も。今回は、そのイライラの原因と対処法をご紹介したいと思います。

2018年9月
恋愛・結婚

十分に書き終わったら、今度はその紙をビリビリに破きます。この時「コノヤロー!」とか「ふざけるなー!」など何でもいいので思いっきり叫びながら破るのがコツ。思いのほか、ストレス発散になるのでおすすめですよ。

その後、また新しい紙を用意し、今度はパートナーに対して感謝していることをできるだけ書き出していきます。全然書けない場合でも、過去の出来事を含めて最低10個は書いてみましょう。

あなたが書き出した感謝の気持ちは、せっかくなので彼に伝えたくなったタイミングで伝えてみて。方法は、言葉や手紙、LINEでも自分ができそうなものだったら何でもOK。勇気を出して日頃の感謝をぜひ伝えてみましょう。

2. 一旦離れて冷静さを取り戻す

彼とケンカをした時、一緒の部屋にいると気まずい雰囲気ですし、イライラが余計募るもの。そんな時は、彼と同じ空間にいるのではなくひとまず物理的に距離を置くのが一番です。

部屋数が少ない場合は、近所のコンビニや公園、図書館にでかけるなど無理矢理にでも気分転換をはかると自然と冷静さを取り戻すことができます。火に油を注いでしまいそうな時こそ、同じ空間から一刻も早く離れてみましょう。

3. おひとり様を満喫する

普段、家事がどれだけ大変かわかってもらうためには、パートナーにも同じことを体験してもらうのが一番!子どもがいる方も勇気を出して預けてしまいましょう。一人になる期間や時間はパートナーと話し合って決めればOK。

また、彼が男友達と遊んでばかりいる人も、休みの日を彼のためにとっておくのではなく自分が心地よくなることを優先しましょう。友達とランチをしたり映画を見たりして、心に余裕ができてくると相手のことも寛大な気持ちで受け止められますよ。

4. 運動をしてストレス発散

ジョギングやウォーキング、サイクリングといった一定のリズムを刻む運動は、幸せホルモンの一つ「セロトニン」の活性化につながると言われています。外に出られない時は、踏み台昇降やエアロバイクなどがおすすめ。

1週間に3~4日くらい、30~60分程度の運動を行うのが効果的。イライラが溜まっているからといって負担が大きいものは逆に疲労感を覚えてしまいますし続かないので、自分が心地よいと感じるレベルで実践してみましょう。

5. 自分の心に問題がないか立ち止まってみる

人はストレスを感じている時ほど、周りの言動に敏感になりがちですが、実は自分の心に問題があるケースがほとんど。例えば、仕事が忙しかったり体調が悪かったり、気持ちに余裕がない時に顕著に表れることが多いはず。

記事に関するお問い合わせ