無料の会員登録をすると
お気に入りができます

6年で貯蓄1000万!SNSで話題の時短節約家くぅちゃんに聞く「貯まる生活」応用編

節約・マネー

コロナ禍で家計がピンチです!ステイホームでかさむ食費に光熱費。目減りする残高に、さすがに節約しなきゃまずい!と一念発起。でも、何をどこから手をつければいいのかわからない!そこで『節約主婦の今すぐ真似できる1000万円貯蓄』(KADOKAWA)の著者で、メディアやSNSなどでも話題の時短節約家くぅちゃんに、貯まる生活のイロハを教えてもらいました。今回は意志の弱い人でも続けられる節約生活の秘訣についてです。

『節約主婦の今すぐ真似できる1000万円貯蓄』
時短節約家くぅちゃん

やり過ぎは失敗のもと。急激に絞るとリバウンドする

―今までも何度か節約に挑戦したことがあるのですが挫折。長続きさせるにはどうしたらいいでしょう?

挫折の原因のひとつは、最初に「節約するぞ!」ってがんばり過ぎちゃうこと。節約ってダイエットと同じで、一気にやり過ぎると、ものすごいストレスを感じてしまうのです。ダイエットで急に何も食べられなくなると、反動ですごく食べたくなってしまうように、節約も無理し過ぎるとリバウンドする危険性が高くなります。ですから、気づかないうちにちょっとずつ減らしていき、「これでも大丈夫だ」と生活に落とし込んでいくことが大切。そうすると、特に節約している感じもなく、自然と暮らしに馴染んでいくため、無理なく続けられます。

―なるほど。スタートダッシュはよくないってことですね。

最初はみんな気合が入りがちですが、そこはグッと抑えて冷静に。なるべく負担のかからない程度から始めるのがおすすめです。私も、節約する前と今とで、食費が4~5万くらい減ったのですが、これも一気に減らしたわけではありません。「これなら削れそうかな」というものをちょっとずつ減らしていったので、家族にも節約していることを気づかれなかったくらいです。

「なくす」ではなく「替える」ことでストレス回避

もうひとつ、節約を長続きさせるコツとしては、「なくす」ではなく「替える」こと。私も夫もお酒が好きなので、「お酒を買わない」という選択肢はあり得ませんでした。その代わり、ビールを第三のビールに替えてみたり、レモンサワーなどの缶チューハイを、割って飲む瓶タイプのものにしたり、割安になる他のもので代用できないかというのを考えましたね。替えることで「味がめちゃくちゃ落ちて楽しめない!」となったら、それはやらないほうがいいと思いますが、最近は第三のビールなどでも十分満足できるので、私も夫も問題なく楽しめています。

―味に満足できなかったらやらないというのは潔いですね。お酒は嗜好品だからこそ、美味しく飲みたいです。

そうですよね。最近、夫がハイボールを飲みたいと言い出したので、安いウイスキーをいろいろ試してみたんですが、やはりジンビームが好みだったようで。それで調べたら、業務用の4Lジンビームが売っているのを見つけたんです。しかも4本セットで買うとさらに安いということで、セット購入してストックしてあります。それを飲む分だけ小さな瓶に移し替えて出しているのですが、以前はビールや缶チューハイなどで月3万程かかっていたお酒代が、今では1万円しないくらいにまで減りましたよ。

―お酒は楽しみながらも、そこまで節約できているのが素晴らしいです。

お酒に限らず、やはり好きなものを我慢するのはストレスになりますからね。例えばコーヒーが好きで、お店でちょくちょく買う人なら、そのうち何回かは家でいれるようにするなど、やめるのではなく代替えを探すといいと思います。また、趣味など好きなことに使うお金に関しては、月にいくらまでという上限を決めて、その範囲内で満足できるのかを試していくというステップを踏むと、あまり我慢した感もなく続けられます。日々の楽しみがなくなってしまうと、節約のモチベーションも下がるので、節約と楽しみのバランスをうまくとることも大切ですね。

喜んで貯めたくなる小さな目標を持つ

―節約しているのに、買い物に行くと目移りしてしまい、つい買いたくなってしまいます。誘惑に負けない強い気持ちを持つためには、どうしたらいいでしょう?

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ