無料の会員登録をすると
お気に入りができます

思っても届かない…大切な人との“別れ”と向き合う8つの方法

人生ではたくさんの人と出会い、別れを経験します。特にもう会うことのできない別れというのは、つらく悲しいことでしょう。今回は心の整理がつかない人も穏やかになれる、“別れ”との向き合い方をご紹介します。

2018年10月
ライフスタイル

もう会えない別れほど切ないものはない

どうやって心を整理したらいいの?

人生ではたくさんの人と出会い、別れることを経験します。「またね」と言える別れなら希望がありますが、もう二度と会うことのできない人との別れは、つらく悲しいものです。

突然に離別することになってしまった人もいるかもしれません。その“別れ”が心残りで、整理がつかない人もいるでしょう。そこで、もう二度と会えない人との“別れ”と向き合う方法をご紹介します。

1.思う存分、悲しみましょう

我慢したら苦しくなるだけ

離別を経験した悲しみの感情というのは多様に変化します。最初は「そんなの嘘」と受け入れられないかもしれません。次第に「あのとき自分がこうしていたら…」という後悔や、「もっともっと一緒にいたかったのに」と孤独感がやってきます。

全てにやる気を失ったり、どうしようもなく悲しいからこそ怒りっぽくなったりもするでしょう。逆に冷静になったり、躁状態になったり、理屈では説明できないことも多いです。別れに混乱しているのです。

そういった感情を我慢せず、存分に悲しみましょう。自分自身の心に寄り添うことで、別れを受け入れて立ち直ることへの準備ができます。一緒に悲しんでくれる人がいるなら、悲しみを共有するのも良いでしょう。

2.思い出に浸る

思い出の品と記憶をたどりながら

会えなくなってしまった相手との思い出を振り返るのも、別れを受け入れる準備になります。いろんな思い出を、頭の中で思い浮かべましょう。その人との思い出の品や写真、自分がつけていた日記を見ながら振り返るのも良いです。

うれしいことも悲しいことも、今となっては全てが思い出です。どれもが大切なもの。一つ一つを確認するかのように思い出すことで、少しずつあなたの心も整理されていくでしょう。

3.言いたいことは記憶の中の相手に伝える

あなたの心の中では永遠に生きる

まだまだ言いたかったことや聞きたかったことがあったかもしれません。どんなに思っても届かないことに気づくと、あまりにも切ないですよね。そんなときは、記憶の中にいる相手に伝えてみましょう。

記事に関するお問い合わせ