無料の会員登録をすると
お気に入りができます

髪を染めてもすぐ色が抜ける…ヘアカラーの色落ちを防ぐ方法はある?

髪を染めたばかりなのに、もう色が落ちている…それって私だけ?いいえ、その悩みを持っている人はかなり多いんです。色が抜けやすい髪質だから仕方ないと諦めている人もしっかりケアをすれば、いつもより色持ちがよくなるはず。ヘアカラーの色落ち防ぐ方法を美容師さんがレクチャーします!

ヘアスタイル

髪を染めてもすぐに色落ちするのを防ぎたい

美容室でカラーしてもすぐ色落ちしてしまうみなさん、”私の髪は色が抜けやすいから仕方ない”とか思ってませんか?そう言わずにケアをしてみると、いつもよりも色モチがいい♡なんて嬉しい変化を感じられそうですよ。色落ちを防いでモチをよくする方法を美容師さんがレクチャーします。

なんですぐ落ちる?理由はこれだった

髪にダメージを与えてしまうことが、カラーの色味が退色してしまう一番の原因。その色味が退色してしまうダメージとは…?美容師さん直伝の3パターンダメージタイプを紹介します。どれも防げるものなので要チェック!

理由①紫外線

一番多いのが、紫外線の光線が髪の毛のキューティクルや中身のタンパク質に悪影響を及ぼしてしまっていることです。紫外線は、髪の内部になるメラニン色素にまで到達して破壊してしまうんです。それがカラーが薄くなる理由でもあります。髪の毛用のUVカットスプレーやSPF入りのアウトバストリートメントもあるので上手く活用するといいですよ。

理由②過度なブラッシング&コテやドライヤーの熱

過度なブラッシングや、コテ・ドライヤーでの熱の当てすぎは髪のタンパク質が変異してしまい、色落ちや色モチの低下に繋がるんです。髪をきれいに見せるために過度にブラッシングをしていたり、カールを長く保つためにコテ・ドライヤーの熱を当てすぎている人、要注意ですよ。

理由③塩素

夏場に多くなる理由としては「塩素」です。塩素が原因で色が落ちてしまうのは有名な話ですよね。一番身近にある塩素と言えばプール。夏にプールにたくさん行っていた人や、ジムのプールに通っている人は髪色が落ちやすくなりますよ。

編集部でもジムのプール通っているメンバーは、色落ちが早いと言っていました。

ここも要注意

サロンでカラーをした後すぐに、髪を洗ったり巻いたりするのは避けるのがベター。まだ髪色が安定していないので、手を加えてしまうのはNGです。

色落ちを防ぐケア方法教えます!

どうしたら色落ちを防げるのか、美容師さんがケア方法をレクチャーします。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ