無料の会員登録をすると
お気に入りができます

アラフォー女子はベースメイクで見た目年齢が決まる!老け見えを招くNGベースメイク3選

メイク

コスメ&メイクライターの古賀令奈です。肌をキレイに見せるためのベースメイクですが、塗り方次第では気になる部分を目立たせてしまうことが…。肌の印象は見た目年齢を左右するため、塗り方や使うアイテムには注意が必要です。そこで今回は、アラフォー世代が気をつけたいNGベースメイクと改善方法をお伝えします。

ファンデーション自体は薄塗りでも、仕上げのフェイスパウダーで失敗してしまうケースも多いです。メイク崩れ対策にフェイスパウダーは効果的ですが、塗りすぎてしまうとせっかくの仕上がりが損なわれてしまいます。

こちらは肌全体がサラサラになるまでフェイスパウダーを塗った状態です。一見キレイに見えるものの、ファンデーションでつくったツヤと透明感が失われ、セミマットな肌になりました。

こちらはフェイスパウダーの量を調整した状態。ほんのりと湿度を感じる程度で抑えると、透明感が感じられるツヤ肌に仕上がりました。

粉を適量で塗るコツは、ブラシにフェイスパウダーを含ませたあとに、手の甲で抑えること。このひと手間でつきすぎを防げるようになり、少量ずつ重ねやすくなります。

ベースメイクは工夫次第で仕上がりが格段にアップします。今回ご紹介したNGメイクに心当たりがある方は、新しいやり方にチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ