無料の会員登録をすると
お気に入りができます

あなたは大丈夫?最低限知っておきたい「お呼ばれゲスト」の結婚式マナー

結婚式の招待状が届くと招待状の返信や当日の服装、ご祝儀袋の書き方などマナーについて気になってしまいますよね。そこで今回は、お呼ばれゲストとして押さえておきたい結婚式マナーをご紹介。「何度も出席してるから大丈夫!」という方もこれを機会に見直してみてはいかが?

2018年10月
ライフスタイル

知らなくて恥をかいているかも?

結婚式はフォーマルの場であるからこそ、大人の女性としてスマートにお祝いしたいもの。でも、招待状の返信マナーやふさわしい服装など、意外と知らなくて実は恥をかいていた…!なんていう場合も珍しくありません。

「何度も参列しているし、最低限のマナーは守れているはず」と自信を持っている方も、今一度確認を。今回はおさらいのためにも、結婚式に招待されてから式当日までのお呼ばれマナーをご紹介したいと思います。

1. 招待状が届いたら

返信はがきは2~3日以内に返信を

結婚式の約2ヶ月ほど前くらいになると招待状が届くのが一般的ですが、実はこの招待状をもらった瞬間から結婚式のマナーは始まっているのをご存知でしたか?

招待状が届いたら、期限までに返信はがきを送るのが最低限のマナーですが、できれば2~3日以内に送付するのがベスト。新郎新婦はこの返信はがきで出席者の人数を確定するため、早ければ早いほど効率的に進められます。

ただし、仕事や妊娠・出産などと重なって結婚式に出席できるかわからない場合もあると思います。すぐ返信が難しい場合は、ひとまず先方にメールか電話で連絡を入れておくのが理想的。予定が分かり次第、返信期限までにはがきを出しましょう。

毛筆もしくは黒ボールペンで書く

返信はがきに使う筆記用具は、毛筆か黒インクの万年筆がフォーマル度が高め。とはいえ、慣れていない毛筆で書いて読みにくくなったり汚い字になったりするよりは、使い慣れているボールペンの方が読みやすい場合はこちらでもOK。

お祝いしたい気持ちから、ピンクやキラキラのインクのペンで書くのはマナー違反なのでくれぐれも注意しましょう。また、不祝儀の色でもあるグレーはNGなので、間違っても使わないこと。

SNSに勝手に投稿するのは✕

招待状が届いたうれしさからSNSなどに「◯◯ちゃん、結婚おめでとう!結婚式楽しみにしてるね」と勝手に投稿してしまうのもNGです。共通の友人の中で呼ばれていない人が、それを見てショックを受けてしまう可能性もあるからです。

もしSNSに投稿する際は、本人に許可をもらってから上げるようにしましょう。

記事に関するお問い合わせ