無料の会員登録をすると
お気に入りができます

彼と結婚したら上手くいく?初心者でもわかりやすい手相の「結婚線」10選

独身の方は、自分がいつ・どんな結婚をするのか気になりますよね。手相の「結婚線」を見ると結婚の可能性が高い年齢や、結婚の質までわかっちゃうんです。遊び感覚でぜひ占ってみてくださいね。

2018年10月
恋愛・結婚

自分の結婚運が気になる…

結婚適齢期になると「私って結婚できるのかな?」「運命の人と出会いたい…」と思っている女性も多いのでは?そんな時は遊び感覚で自分の手相をチェックしてみましょう。結婚線を見れば簡単にあなたの結婚運がわかります。

結婚運だけでなく結婚年齢も気になるのが女心。結婚線では、結婚の可能性が高い年齢だけでなく、結婚の良し悪しまでわかってしまうんです。今回は、悩める女性に向けて手相の見方をご紹介したいと思います。

結婚線ってどうやって見たらいいの?

結婚線の場所を確認しよう

結婚線は、感情線の上にある線で、線の位置によって結婚する年齢がわかると言われています。また、線の太さや長さ、終点などによってどんな恋愛をするのかもわかってしまうんです。

また、線の本数=結婚の回数と思われがちですが、これは必ずしも結婚の数を表すのではなく「情熱的な恋をするチャンスがある」と認識してOK。たくさん結婚線があるからといって落ち込む必要はありませんよ。

どちらの手で見たらいい?

手相を見る時、右手か左手どちらで見たら良いか迷ってしまう人も多いはず。総合的には両手でみるのですが、一般的に右手は現在の姿や努力で得た結果、左手は生まれ持った運勢を表しています。

男性と女性は違う手で見る、利き手で見るなど諸説ありますが、結婚運に関しては主に「左手」をベースに見てもらってOKです。もし左手の手相が悪くても、後天的な努力によって運勢は変えられるのであまり心配しなくても大丈夫ですよ。

結婚年齢の目安

感情線の部分をスタートが20歳、小指の付け根あたりが50歳と見てみましょう。ちょうど中央部分が30歳なので、線が中央より下にある場合は20代、上にある場合は30代以降となります。

ただし、これはあくまでも目安で、結婚線は本人が結婚したいと思っている年齢や、結婚に適した時期を表すものなので、実際の結婚年齢と違うこともあります。

複数ある場合の見方

結婚線が複数ある方は、線の濃さによって意味が大きく変わってきます。基本的には1本だけはっきりしていて、その他の線が薄ければ結婚へのGOサインと判断してもらっていいでしょう。さらに赤みを帯びてきたら尚良し!

記事に関するお問い合わせ