無料の会員登録をすると
お気に入りができます

“怒る”とは違う。上手に「叱る」ための方法

大人女子は立場上誰かを叱らなければならないこともあるでしょう。そんなとき怒ってしまってはいませんか?“叱る”と“怒る”は似ているようで違います。そこで、上手に「叱る」ための方法を学びましょう。

2018年10月
ライフスタイル

叱るのって難しい…

どうやったら相手に気持ちが伝わる?

大人になると、ときに誰かを叱らなければならないことはもあります。そんなとき“叱る”ではなく“怒る”にはなっていないでしょうか。叱ることは怒ることではありません。

“怒る”のは感情であり、自分の気持ちを消化させるに過ぎません。“叱る”のは理性であり、相手を成長させることにつながります。そこで、きちんと相手の心に響くよう「叱る」方法をご紹介します。

叱る“シーン”から大切

なるべく「その瞬間」に叱る

誰かが叱られるようなことをしてしまったときは、なるべくその瞬間に叱りましょう。その場で流されてしまい、何日後かに改めて叱っても、相手が間違いを忘れてしまっていることもあります。

間違いをその場でただすことで、正しいやり方をすぐに身につけることができます。悪癖が身についてしまう前に、正しい方法を習慣にしてもらうことが大切です。

「1対1」でこっそりと

グループや部署など全体の責任なら、全員を叱ることもあるでしょう。そうではなく個人を叱るときは、たくさんの人の前は避けましょう。

みんなの前で叱ると「恥をかかされた」という気持ちが大きくなり、叱ったことをきちんと聞き入れてもらえないこともあります。わざわざ相手のプライドを傷つける必要もありません。

席を外して別の場所に呼び出したり、休憩時間に呼んだりして、なるべく1対1になれる機会を作って叱りましょう。

叱るときの言い方

「間違っている点」と「叱る理由」を端的に伝える

叱るときは、間違っている点と叱る理由を端的に伝えるだけにしましょう。例えば仕事でミスが続いている後輩に、「お客様にちゃんと聞いてね」と間違いを伝え、「ミスが続くと信頼を失うから、気をつけようね」と叱る理由も諭すように。

言いたいことは山ほどあるかもしれませんが、話が長くなると何が言いたいのか本質が伝わりません。伝えることは「間違っている点」と「叱る理由」だけで端的に言う方が、相手にもきちんと伝わります。

記事に関するお問い合わせ