無料の会員登録をすると
お気に入りができます

毎日シャンプーしているのに止まらない!困ったフケの原因と対策をプロが解説

ライフスタイル

■:フケってそもそも何?

「フケ」とは、古くなった頭皮の角質がはがれ落ちたものです。つまり顔や体の皮膚からはがれ落ちる角質、すなわち“垢”と同じものなのです。

これは、正常な新陳代謝によって頭皮にある角質がはがれ落ちることによるものですから、決して異常なことではなく、誰にでもあることなんですよ。

しかし、頭皮にトラブルが発生して大きくなった角質が、傷口の“かさぶた”のようにはがれ落ちると、みなさんがまさに悩んでいる「フケ」になるんです(木村さん)

■:フケが最も増える時期って?

年中フケに悩まされている人はわかりにくいかもしれませんが、フケが出やすい時期はあります。それは、“冬の時期”です。

冬は空気が乾燥している上にエアコンやストーブなどを使用することで、より乾燥がひどい状態ですから、知らない間にどんどん頭皮が乾燥してしまいフケがとても出やすくなるんですよ。

乾燥によるフケの発生を抑えるにはお肌と一緒で、頭皮用の保湿アイテムを使うことが、最も効果的なのです(木村さん)

■:フケが出やすい人って?

フケが出やすい人は体質だと思いがちですが、体質よりむしろ“ストレスを抱えている人”です。
ストレスを感じると、交感神経が緊張し血管が収縮してしまいます。
そうなると、頭皮に栄養が運べなくなるので、頭皮のバリア機能が壊れてフケが発生しやすくなるのです。

フケを見つけて神経質に気にしすぎるのもよくありません。これもまたストレスの原因になってしまいます。
適切なケアを継続することで、改善が見えてくると自然と自信があふれてきますから、諦めずに対策することが大事です。

また、ストレスを抱えていると睡眠不足にもなりますし、生活習慣も乱れがちです。これらも結果フケの発生につながるので、ストレスを上手に解消していくことは必要です(木村さん)

■:フケが出やすくなるものって?

フケを防ぐために使うものとして、多くの人がシャンプーを使うと思いますが、間違ったシャンプーが原因でフケが出やすくなることも知っておいてください。

上記にもあげましたが、頭皮も顔や体と同じだと考えて。
例えば、乾燥がひどい肌に強いクレンジングを使うと、より乾燥して肌荒れがひどくなりますよね?これと同じです。
そのためシャンプーは、「フケ専用だからフケの解消にいいというわけではない」ことを踏まえて、自分の頭皮状態に合ったものを選ぶことが大切です。

また、シャンプーするときのお湯の温度が熱すぎる人も結構います。
37~39℃くらいのぬるま湯を使うように、心がけてください。また、シャンプーの原液を直接つけて洗うのではなく、お顔と一緒でシャンプーを泡立ててから頭皮につけたり、爪でゴシゴシではなく、指の腹でやさしく洗いましょう(木村さん)

■:フケが出にくくなる方法

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ