無料の会員登録をすると
お気に入りができます

気になるお腹の脂肪を撃退!1日5分すっきり引き締めストレッチ

体重も体型も今のところ気にならないし、とくに運動も必要ないよね? と思っているみなさん。体を動かさず、お腹の筋肉が弱くなると姿勢が悪くなったり、お腹に脂肪がつく原因になってしまいます。ハードな運動は苦手という人には、体を気持ちよく伸ばしながら、筋肉に効かせることができるPNFストレッチがおすすめ。

松井 薫

ライフスタイル

お腹、背中、お尻に力を入れて口から息を吐く

お腹と背中、お尻の穴に力を入れながら、口から息をゆっくりと吐きだします。お腹をへこませるというよりは、お腹をパンチされたときに、グッと力を入れるようなイメージで吐き出します。

お腹を目覚めさせるストレッチ

お腹と背中の筋肉はバランスを取り合っていて、お腹の筋肉が弱くなると姿勢が悪くなることも。お腹に脂肪がつく原因にもなるので気をつけて。

<1>両ひじ・両ひざをつき手に頭をのせる

両手、両ひじ、両ひざ、つま先を床につけ、両ひじが肩の下にくるよう位置を調整します。左手で右手を包むようにして重ね、その上におでこをのせてスタンバイ。

<2>両ひざを伸ばしてお尻を持ち上げる

両両ひざを伸ばしてお尻を持ち上げ、つま先立ちの状態で体を「く」の字にします。お腹に力を入れながらバランスをキープして。この体勢のまま逆式呼吸を5回行いましょう。

<3>うつぶせになり手とひじを床につける

両ひざをおろし、今度は床にお腹をつけてうつぶせになります。両わきを締め、手のひらとひじを床につけて。顔は下に向け、つま先はそろえて伸ばしておきましょう。

<4>両ひじを伸ばして上体を起こす

両手で床を押しながらひじを伸ばし、頭を上げて上体を起こします。お腹が伸びていることを感じましょう。この体勢のまま順式呼吸を5回行って。肩をすくめないよう注意。

★体がかたい人は、<4>でひじが床から離れないところまで上体を起こせばOK。顔は正面へ向けましょう。

<Point>
<1>では、ひじが肩の真下にくるように。前後にあると肩に負担がかかるので気をつけて。<4>では、腰痛がある人は体を反らせ過ぎないこと。お腹が気持ちよく伸びる範囲で行いましょう。

撮影/山上忠 モデル/若月さら スタイリング/西本朋子 ヘア&メイク/藤原裕子 文/FYTTE編集部

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ