無料の会員登録をすると
お気に入りができます

頑張ったことを認めてほしい!「褒められたい」気持ちの解決法

仕事も家事も一生懸命やっているのに、やるのが当たり前と思われていて、なかなか褒められないこともあるでしょう。「私だって頑張っているのに…」そんな気持ちを抱いてしまう方に読んでほしい記事です。

2018年10月
ライフスタイル

褒めてもらいやすい人になるために

褒め上手になろう

褒めてもらいたいなら、自分が人を褒めるようにしましょう。褒めてくれる人には、相手も褒めたくなるものです。褒める人というのは、人の良さを見つけることが得意です。まずは周りを見て、良い所を見るように意識してみましょう。

「私だって同じことをやっても褒められないのに…」と羨む気持ちでいるよりは、「この人もこんなに頑張ってたんだ!」と認めてしまった方が、自分も楽です。自分が認めれば、周囲も自分を認めてくれます。

身近に“頑張り”は溢れているので、褒めることはたくさんあると気づくはずです。「すごく頑張ってるね、お疲れ様!」「疲れているのにご飯作ってくれてありがとう。助かるよ」など伝えましょう。褒められたら人は成長しますし、その人の成長によるメリットはあなたにも返ってきます。

なりたい自分になるために努める

自分はどんな人になりたいのかなと考えてみましょう。優しい人や仕事ができる人など、漠然としたことでも良いです。いつも笑顔で明るい人、頼りにされる人、仕事で成功を収める人、幸せな家庭を築く人…。

Photo by Lauren Fleischmann / Unsplash

では、そんな「なりたい自分」になるためには、何をすれば良いのでしょうか。悪口や陰口を言わないとか、失敗を成功の元にできるよう努力するなど、今からでも始められることがたくさん見つかるはずです。

理想や目標のために努力できる人は傍から見ていても素敵で、褒めたくもなります。また、他人のために頑張っているのに認めてもらえないとつらいですが、全部が「なりたい自分」のために役立つと思えば、少し気持ちが軽くなるでしょう。

自分を褒めて伸ばしましょう

「認めてほしい」「褒めてもらいたい」と感じる方は、まずは自分を認め、褒めてあげましょう。褒めて伸びるという言葉がありますが、それを自分で行うのです。

また自分も他人を認め、褒められるようになると、その“おかえし”もやってきます。自分を認めてあげて、また前を向いて頑張っていきましょう。

記事に関するお問い合わせ