無料の会員登録をすると
お気に入りができます

食べてもやせる菌活スーププログラムなら10日で-3kgも夢じゃない!

つらい食事制限を長く続けるのは難しいもの。ですが、今回ご紹介する「菌活スーププログラム」は、しっかり食べて、満腹感も得られるダイエット法。だからムリなく続くんです! まずは「菌活スーププログラム」の正しいやり方をチェックしてみましょう。

大越 郷子

美容

栄養バランスがよくとれ便秘解消の効果も!

短期間ダイエットというと、極端に食事量を減らしたり、低カロリー食材だけを摂取したりと栄養が偏りがち。

「カロリーが低いからといって、きのこ類やこんにゃくのみ、と単一の食材だけにしたり、炭水化物を完全にオフするのは避けたいこと。さまざまな栄養素が助け合って代謝を促します。健康的なダイエットのためには、なるべく食事の時間を決めて、1日で多くの栄養素をとりましょう」(管理栄養士・大越郷子さん)

そこで、栄養バランスのいい具だくさんスープでダイエット! 発酵食品やきのこをとり入れて“菌活”にすることがポイントです。

「スープの具にたんぱく質をプラスすれば主菜としての役割も。野菜やきのこ類を豊富にすればビタミン、ミネラルの補給にもつながり、バランスよく代謝アップにつながる栄養素をとることができます。さらにみそや麹、キムチなどの発酵食品やきのこといった菌類を加えることで、整腸作用が促され、便秘対策にもなります」(大越先生)

昼はスープ1杯と主食の炭水化物、夜はスープ2杯のみに置きかえる菌活スーププログラム。想像以上に満足感もあるから、ムリなく続けられるはず!

では、実際に菌活スープをどのようにとり入れればよいのか、食事の例を見てみましょう!

基本のプログラム

朝はしっかり、昼・夜をスープに置きかえるのが基本のプログラム。具体的に食べる食事の目安を見ていきましょう!

■朝 食■

和食、洋食どちらも主食、主菜、副菜を基本に、炭水化物をきちんととり、たんぱく質やビタミンなども意識してとりましょう。

<食べる量の目安>

和食:主食のごはんは120g、浅漬け入り納豆、サラダで約400kcalを目安に。

洋食:5枚切りの食パン1枚とハムエッグとサラダで約400kcal。

■昼 食■

主食の炭水化物に、具だくさんのスープ1杯をプラス。主食はおにぎりやパンなど約200kcalを目安に。コンビニ食でもOKです。

<食べる量の目安>

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ