無料の会員登録をすると
お気に入りができます

暑くて寝苦しい…それなら!おやすみ前にレッツ「熟睡ヨガ」

ビューティ

ローランジツイスト

低いランジの姿勢でお腹をねじるヨガです。お腹に適度な刺激を加えることで、腸のぜん動運動が活性化します。睡眠の質を高めるだけでなく、お腹の引き締め効果も期待!全身を大きく使っておこないましょう。

レッツ、熟睡ヨガ!

①四つん這いになり、脚は腰幅、手は肩幅に開く。このとき、脚のつけ根の真下にひざ、肩の真下に手をつくようにする。

②右足を手の間、やや右手寄りに置く。左足のつま先を立てて、左脚のつけ根が伸びるところまで、足を後ろに引く。

③息を吸いながら、左ひざを伸ばして床から離す。息を吐きながら、右手を腰に添える。

④息を吸いながら、背筋を伸ばす。息を吐きながら、上体を右にねじり、5呼吸キープ。左右反対側も同様に。

▼ポイント

前の脚のひざは、つま先より前に踏み込まないよう、かかとの上にひざがあるようにします。 背筋を長く伸ばしながら上体をねじると、お腹をしっかりねじることができるのがポイント。後ろの脚のひざを伸ばし、かかと後ろに蹴り出すと同時に、頭頂を前に押し出し、全身を大きく使いましょう。

寝る前にベッドでできる「時短ヨガ」

millann / Getty Images

ベッドや布団の上でヨガをして、そのまま眠りにつければ最高ですよね。深い呼吸を促し、寝つきがよくなるおやすみ前のヨガを実践しましょう。

脇腹を伸ばすポーズ

脇腹は普段の生活の中で、あまり伸ばすことがありませんよね。おやすみ前にしっかり伸ばすと、胸が広がり呼吸が深くなります。ベッドの上でリラックスしながらおこないましょう。

レッツ、熟睡ヨガ!

①四つん這いになり、脚は腰幅、手は肩幅に開き、足の甲を寝かせる。このとき、脚のつけ根の真下にひざ、肩の真下に手をつく。

記事に関するお問い合わせ