無料の会員登録をすると
お気に入りができます

即、うるツヤ髪になれるとバズり中!《リバースケア》ってなんぞや?

通常のヘアケアだと髪がまとまらない人は、そのルーティンをちょっぴり変えてみませんか?シャンプー前にトリートメントをする「リバースケア」がSNSを中心にバズり中なんです!ケアの手順を逆にするだけで、パサつきしらずのうるツヤ髪に変身することができるというもの。やり方やその効果など「リバースケア」の気になるポイントについて詳しくまとめてみました。

ヘアスタイル

SNSでバズった「リバースケア」知ってる?

Twitterを中心にたちまち話題になった「リバースケア」という髪のケア方法。名前の通り、いつものヘアケアの手順をリバース(反対)するだけなのですが…試した人からは「サラツヤ髪になれる」「髪が生まれ変わる」など、その効果を実感する声が溢れています!

今回は、そんな話題のリバースケアのやり方について”ポイントつき”でご紹介。実際に試して髪がどう変化したのか?そのあたりも詳しくお伝えしちゃいますよ!

このケアがおすすめの人▶︎髪に悩みを抱える全ての女性!

このケアは、「髪がまとまりにくい」「乾燥によるパサつきが気になる」「くせ毛のためセットしにくい」「髪同士が絡まりやすい」…など、髪に何らかの悩みを抱えている全ての女性におすすめ。「どうにかしたいけど、何をすればいいか分からない…」とやきもきしている人にも、ぜひ試してみて欲しいんです!基本的には何かを買い足す必要もなく、手持ちのアイテムですぐにできます。

リバースケア後の髪の変化に、きっとあなたも驚くはず……!!

リバースケアのやり方は?

リバースケアは、ヘアオイル→トリートメント→シャンプー…と、普段と手順を逆にするだけ。とはいえ、適当にやるのはやはりNG。効果を高めるためには、それぞれの工程でちょっとしたテクニックが必要なんです!

①ブラッシング(アウトバス)

リバースケアをする際に、まずするべきはブラッシング。髪のからまりを解くとともに、汚れやホコリを取り除くことができますよ。また、後につけるヘアオイルが浸透しやすくなるという効果もあるんです!

とかす際は、毛先→根元の順番で。髪が切れないよう注意しながら、ゆっくりと丁寧にとかしていきます。

②ヘアオイル(アウトバス)

ブラッシングが終わったら、手の平にヘアオイルを数滴垂らして広げ、毛先を中心に揉み込むようにつけていきましょう。パサつきやダメージが気になる人は、毛先だけでなく髪全体に。逆にパサつきがそこまで気にならない人は、この工程はなしでもOKです。

使用する量ですが、ショートの人は1滴、ボブの人は1〜2滴、セミロングの人は3〜4滴、ロングの人は5〜6滴ほどを目安に。ただ、髪の量やダメージによって適量は異なるので、様子を見ながら少しずつ足していくのがおすすめです。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ