無料の会員登録をすると
お気に入りができます

おしゃれなのにヘルシー!7色の野菜を食べる「虹色ダイエット」

「虹色ダイエット」をご存知ですか? なんだか聞いただけで、ヘルシーそうなダイエット法ですね! 色と食材を食べる時間帯ごとに工夫して、心身ともに健康にしていく、という食事法だそう。さっそく具体的な方法をみていきましょう。

結貴 耀子

ライフスタイル

7食の虹色の食べものをとる食事法

こんにちは。みなさん「虹色ダイエット」ってご存じですか?
少し前に注目された食事のダイエット法です。やせる時に使うダイエットではなく、あくまでも「食事」と言う意味が込められています。また、私たちの体にあるチャクラの色と私たちが毎日食事している食品の色はつながる部分があるため、食事はとても大事と考えられている方法です。この「虹色ダイエット」を続けると不思議なくらい心と体に変化が起こると伝えられているのです。

さて、冒頭からチャクラとか虹色とかフワフワした言葉が登場しますが、実際どんな方法なのでしょうか。今回は、色彩講師・パーソナルファッションアナリストの結貴耀子さんに「虹色ダイエット」について教えていただきました。

食べものと光のスペクトルの関係

光は目に見える電磁波であり、目に見えることから可視光と呼ばれていて、およそ380nmから780nmの範囲とされています。太陽光をプリズムに通すと、「赤・橙・黄・緑・青・藍・菫」というように可視光が虹のように波長順に7色並び、この光の帯をスペクトルといいます。つまり、太陽光には7つの色(虹色)が含まれていることになります。

光と色には、食べものを食べたり、ビタミンをとることによって人間が取り込もうとするもののエッセンス(エネルギー)が含まれています。つまり、色を含んだ野菜やそのほかの食べものは私たちの心身を元気にしてくれるという基本概念があります。

虹色ダイエットとは?

この光スペクトルの色が違えば心身への影響も異なるという理論なので、私たちにはバランスのとれた光スペクトルをとる必要があります。つまり、私たちが元気に生きていくには、フルスペクトルの食べものでつくる「虹色の食事」が重要なのです。

続いては、「朝昼夜」での虹色ダイエットのルールをご紹介します。

「朝昼夜」でルールがあります!

この「虹色ダイエット」では、私たちが持っているエネルギーの変化に合わせて食事をすれば健康的な食事ダイエットにつながると考えられます。
私たちの体のエネルギーは「朝、昼、夜」で変わっていくのはご存じでしょうか。例えば、朝起きてから昼にかけては活動的になりますが、日が落ちて夜に向かうと体は自然と休息を求めます。このリズムは体のエネルギーと関係しているため、この変化に合わせて食べものも選んでいきましょう、というのが今回のルールです。

ではここからは「朝昼夜」ごとに光をたくさん含む食事として、青緑色の藻類、有機栽培の果物、野菜を上げていきます。食材を選ぶポイントは、加工しすぎた食べもの(エネルギーが少ない=生きた酵素が少ない)ではなく新鮮な食材を選びます。
また、それぞれのチャクラとも直に結びついています。チャクラとは体内にあるエネルギーの中心点で、主要な7つのチャクラは脊椎の基底から頭頂までの間に位置しています。それぞれのポイントは色と結びつき、取り込んだ色によりポイント近くのホルモン分泌器官をコントロールしているといわれています。

朝:赤色、オレンジ色、黄色

モーニングには赤色をメインとした食事をするといいでしょう。
例えば、トマトサラダ、トマトジュースなど。朝のフルーツにはイチゴやバナナ。バナナは身の部分は白ですが、焼きバナナなどにして皮ごと召し上がるといいですよ。

昼:黄色、緑色、青色(白、藍色、紫色、金色)

ランチには、緑黄色野菜の野菜を豊富にとりましょう!
例えば、グリーンサラダや海藻類がおすすめです。
(白はご飯やパンなどの炭水化物を少し、午後のエネルギーに使います。)

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ