無料の会員登録をすると
お気に入りができます

謝るのが苦手な人は必見♡こじらせない「夫婦喧嘩」の仲直り法

夫婦喧嘩をしてしまい、早く仲直りしたいのに自分からはなかなか謝れない…。そんな人のために、上手な仲直りの方法をお伝えします。

2019年1月
恋愛・結婚

早く仲直りしたいのに!

夫婦は一緒にいる時間も長いことから、些細なことで喧嘩になってしまうこともありますよね。喧嘩している状態は気まずいし、早く仲直りしたいと思うのになかなか自分から謝れない…。

Photo by Ayo Ogunseinde / Unsplash

そんな謝るのが苦手なあなたのために、上手に仲直りして夫婦喧嘩を終わらせる方法をお伝えします。夫婦円満のためにぜひ役立ててみてくださいね。

1.夫の好きな料理を作る

男性は美味しいものを食べることで気持ちが満たされることが多いものです。奥さんが自分のために作ってくれた料理だったら尚のこと。そこで、夫婦喧嘩した後には夫の好きな料理を作ってあげましょう。

www.pexels.com

特に大好物のものが良いですね。そうすれば、あなたが言葉で謝ることができなくても、黙って料理を差し出すだけであなたの「悪かった」と思う気持ちや仲直りしたいという思いは伝わるはず。

pixabay.com

もちろんあなたも一緒に食事を食べてくださいね。気持ちのこもった料理を食べることで夫の心もほぐれ、会話も生まれてくるはずです。食べ終わる頃には自然と仲直りできているでしょう。喧嘩したまま出社なら、彼の好物でお弁当を作るのもおすすめです。

2.そっとハグする

喧嘩をすると、心まで離れ離れになってしまったような不安な気持ちに駆られてしまいますよね。それは夫も同じで、あなたと同じように不安な気持ちや寂しさを抱えているのです。

Photo by Matheus Lira / Unsplash

そんな時、そっとハグをすることで一気に心の距離が縮まります。照れくさければ後ろから抱きつくというのもオススメですよ。大喧嘩してしまった時でも「本当は離れたくない」という気持ちがしっかり伝わり、彼の緊張も溶けていくでしょう。

3.笑顔で話しかける

夫婦喧嘩をして気まずい状態の時は、つい避けてしまったりしていませんか?それでは仲直りのきっかけも掴みづらくなってしまいます。そんな時、いつも通りに話しかけるのも良いですが、あえて笑顔を向けてみましょう。

わざとらしいくらいの笑顔で話しかけてみることで、夫もつい吹き出してしまうでしょう。仲直りしたいのに「ごめん」と言えないあなたのことを、かえって可愛いと思い、いちだんと愛しくなるかもしれません。

4.手紙に感謝の気持ちを綴る

直接謝ることが出来なくても、手紙になら謝罪の気持ちを書くことが出来るという人も多いのではないでしょうか?それでも、手紙にすら「ごめんね」の一言が書けない時は、夫への感謝の気持ちを綴りましょう。

Photo by Debby Hudson / Unsplash

「いつもありがとう」では男性にはイマイチ心に響きにくいので、どんなことに特に感謝をしているのか、具体的に書くと効果的です。「今回の喧嘩は私は悪くない!」と思い謝りたくない時でも、日頃の感謝の気持ちを伝えることは出来ますよね。

www.pexels.com

そういった思いを綴った手紙を読むことで、夫も素直にあなたに謝ろうという気持ちが早く芽生えるでしょう。LINEなどより手紙がオススメなのは、片手間ではなくじっくり手に取って読んでくれるので、より気持ちが伝わりやすいのです。

5.夫の好きなことに誘う

喧嘩してしまった後は、お互いに部屋にこもるなどして距離を取ってしまうこともありますよね。そんなことをするよりも、仲直りがしたいなら夫が好きなことへと誘い出してみましょう。

Photo by Benjaminrobyn Jespersen / Unsplash

休日なら夫の好きなお店に行こうと誘ったり、平日の夜なら「晩酌しようよ」など。喧嘩中でも夫婦でともに行動をすることで気分が変わりますが、それが夫の好きなことであれば尚更夫も気分が上がります。

www.pexels.com

誘ってくれたあなたに感謝の気持ちを持つことで、夫の方からしっかり仲直りに導いてくれるでしょう。

長引かせない、こじらせない♡

夫婦喧嘩の後は、上手く気持ちを消化出来ないことなどから、謝るのが苦手な女性も多いようです。そんな時、これらの方法を使えば、謝るという形を取らなくてもスムーズに仲直りが出来るでしょう。

喧嘩を長引かせたりこじらせたりして、もっと関係が悪化してしまわないためにも、ぜひこういった方法で早めに上手に仲直りしてくださいね♡

記事に関するお問い合わせ