無料の会員登録をすると
お気に入りができます

腕の筋力が弱くてもできる!バストアップも叶える腕立て伏せのコツ

美容

体をゆっくりと下ろしていくのがポイント

「通常の腕立て伏せは、お腹らから太ももまでを一直線に保たなければ、腰を痛めてしまったり、胸への刺激が弱まったりしてしまいます。
姿勢をキープすることが大事なので、まずは体勢を作ることを覚えていただきます。少ない回数でも、十分です」(Shieca先生)

腕立て伏せは、バストアップにも効果的なのだそう。
それでは、さっそく女性向け腕立て伏せのやり方をチェックしてみましょう!

1、床にうつ伏せになります。

2、肩幅よりもかなり広めに、ひじが90度の角度になるくらいの位置に両手をつきます。両足はつまさき立ち、脚を広げる幅は自分が力を入れやすい広さでOKです。ひざは曲げないこと。

3、両手で床を押すようにして、ひじを伸ばし、体を持ち上げます。その体勢を数秒キープ。

4、ひじを少しずつ曲げて、お腹に力を入れたまま、体をじょじょに下ろしていきます。ギリギリまで持ちこたえたら、最後は力を抜き、床に全身をつけてしまってかまいません。

5、これを自分のペースで、数回繰り返します。

「腕立て伏せは“プッシュアップ”ともいいますが、これは体を下ろしていく動きに重点をおいているので、言うなれば“プッシュダウン”ですね。上下運動を続けるのは難しくても、これならできそう!と思えるでしょう?」(Shieca先生)

慣れてきたら、両手の幅を少し狭めてチャレンジしてみましょう。さらに二の腕も引き締めることができますよ!

文/鈴木みずほ

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ