無料の会員登録をすると
お気に入りができます

定年後に「お金が足りない…。」とならないために40代からやるべき“4つのお金の準備”

節約・マネー

年を重ねるごとに必要性が増すお金の存在。なかでも40代のうちから準備しておきたいお金のポイントとは? 「将来お金に困らない生活」をするために、40代からやっておきたいお金の準備について家計のプロが解説します。

これまでどんぶり勘定でなんとかなってきた人も、徐々に何ともならなくなってくるのが40代前後の家計なのです。

若いうちはまず教育費や住宅の修繕費から貯め、貯め終えたら老後の資金や両親の介護や医療の費用などを少しずつ準備をするなど、40代の貯蓄は順番を決めて取り組むとよいでしょう。

なお、貯蓄をすることが難しい人は、教育費が本格的にかかる時期は、夫婦ともに正社員として共働きをする、副業をするなど、収入面で対策を考えることもできます。

どちらにしても、50代になる前にある程度の対策を考えておくことで、安心して50代以降の家計に向き合うことができるようになりますので、40代のお金の準備は特に念入りに計画することをオススメします。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ