無料の会員登録をすると
お気に入りができます

パン好きに届け。 わざわざ行きたいベーカリー5軒目。東京近郊エリアの注目ベーカリー、美味しさのこだわりとは?

グルメ

1.行列の先に待つ、もちもちの「角食パン」。〈AOSAN〉

仙川駅から徒歩約4分の場所にある〈AOSAN〉。開店1時間前から少しずつお店の前に人が並び始め、30分前にはざっと数えて20人超え! 調べたところ、並んでいる8割の人のお目当ては「角食パン」250円。早いときには15分で売り切れてしまうという食パンなのだ。
公園の真向かいにあり、学校にあるような大きな丸い時計が目印。

中央に置かれた傾斜がついた木の台に、子どもにも人気のかぼちゃパンやスコーンなどなど、その日のラインナップが集合する。

カンパーニュは自家製酵母を使って作られる。プレーンと、くるみ入りのノワカンパーニュ、ヘーゼルナッツのカンパーニュの3種類。

AOSAN
仙川駅

AOSAN

2.朝からのお目当ては、パリを感じられる贅沢な朝食。〈カタネベーカリー〉

店主の片根さんによって焼き上げられたバゲット。

2002年にオープンした〈カタネベーカリー〉は、駅から徒歩10分ちょっとの住宅街の中。にもかかわらず、朝から閉店まで人が途切れることなく訪れるお店だ。また、近所の飲食店にもパンを卸していたりと、食のプロも認めるパンを作り続けている。ここのオーナーシェフを務めるのが片根大輔さん。毎日でも食べてもらいたくなるパンを目指し、腕を磨いてきた。スペシャリテを尋ねると、「絞れないなぁ」と悩む。それほど、すべてのパンへの愛情が深い。

クロワッサンやバゲットなど、お店で人気のパンを味わえる「パリの朝食セット」。

右から時計回りに、キッシュ230円、バゲットフランベ220円、十勝あんぱん120円(各税
込)。

カタネベーカリー
代々木上原駅

カタネベーカリー
オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ