無料の会員登録をすると
お気に入りができます

ダイエット中の外食選びのコツ。パスタやピザを食べるなら「リゾット」がおすすめ!

ライフスタイル

外食時、グルテンフリーを楽しむメニュー選びのコツ

ここ数年でグルテンフリーの食生活をしている人が増えてきていますね。私の周りのグルテンフリー食生活の実践者から「体調がよくなりました」「集中力が高くなりました」など、個人差はありますがうれしい声も聞くようになってきました。

実際、グルテンフリー食生活をする際には家庭では比較的簡単ですが、やはり外食となると、まだ難しいという声を聞きます。特に、ピザやパスタがメインのイタリア料理は「グルテンフリーメニューがなさそう」とあきらめていませんか?
じつはピザやパスタにこだわらなければ、イタリア料理も楽しむことができます。

例えば、前菜であれば、「カルパッチョ」や「カプレーゼ」がおすすめです。カルパッチョは、牛肉または魚肉を生のまま薄切りにして、オリーブ油やスパイスなどで和えた料理です。カプレーゼは、イタリア南部カンパニア地方のサラダ。薄切りにしたトマトとモッツァレラチーズにバジルの葉をあしらい、オリーブオイルをかけたサラダです。

ほかにも、食材そのものを楽しむ「生ハムやチーズの盛り合わせ」、「オリーブやドライトマト」なども、グルテンフリーです。野菜料理の「カポナータ」は、シチリアの伝統料理。揚げナスを、トマト、オリーブ、ケッパー、セロリなどと合わせ、白ワインビネガーで煮込んだものです。

魚料理であれば、「アクアパッツァ」も食べられます。アクアパッツァとは、南イタリアの郷土料理。鯛やすずき、かさごなどの白身魚をまるごと鍋に入れ、トマト・貝類・オリーブ・にんにく・ハーブ・ケッパーなどの豊富な具材と共に、白ワインと水で煮てつくる漁師料理。魚介のうまみたっぷりのスープとともにいただきます。

パスタやピザの置きかえには、もちろんお米でつくるリゾットですね。

食後のデザートには「ジェラート」や「パンナコッタ」がおすすめです。
ジェラートは、果汁、果肉、牛乳、砂糖、コーヒーや香草などを混ぜたものを凍らせてつくるデザートです。パンナコッタは、生クリーム・牛乳・砂糖を合わせて煮詰め、ゼラチンで固めたものになります。

最近では、グルテンフリーパスタにも変更可能なレストランや飲食店も増えています。
レストラン予約時に食材について相談すれば、コース料理でも別メニューを提案してくれるところもあります。

このように、メニューの中から食べたいもの、食べられるものを選んでいけばよいのです。ポイントさえ押さえれば、外食も安心して楽しめるのです。店員さんと会話しながらメニュー選びをすれば、さらに食べられるものは増えるでしょう。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ