無料の会員登録をすると
お気に入りができます

コロナ禍の家計で盲点? 変動費が原因のエンゲル係数アップに注意

ライフスタイル

変動費の管理には予算分けが効果的

変動費を抑えてうまくコントロールするためには、あらかじめ費用項目ごとに予算分けをして、その範囲内でやりくりすることをお勧めします。たとえば、食費、レジャー、旅行、趣味・教養、被服、日用品、化粧代、貯蓄、投資…などです。

その上で、たとえば現在のように外食費が減っている場合には、その減った分を宅配サービスに振り分ける、あるいはレジャー費が減った分は、その分増えた光熱費や日用品の購入費にあてるなど、各予算で余った分だけを増加分に充当するようにすれば、トータルの支出を増やさずに済みますね。

なお、最初からあまり長い期間で管理しようとするとかえって混乱するので、年間予算を考えた上で、月割り、週割してまずは2週間から1ヶ月程度の期間から始めるといいかもしれません。

ちょっとした工夫で、家計の見直し、節約は可能です。思ったよりも長引いているコロナ禍ですが、自分とお金との付き合い方を振り返るきっかけにしてみてはいかがでしょうか?

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ