無料の会員登録をすると
お気に入りができます

スクワットや腹筋を“宅トレ”で鍛えたい人向け本格派アプリ4選

美容

■Runtasticスクワット回数カウント

まず最初に紹介する「Runtastic スクワット回数カウント」は、正しい姿勢でスクワットができるようになるアプリ。
使い方はとても簡単。スマホを両手で持ったら前方につき出して、あとはスクワットを行うだけです。するとスマホに内蔵されたセンサーがユーザーの動きを感知して、スクワットの回数をカウント開始。
しっかり腰を落とさないとカウントされないので、お尻が床に触れるくらいの勢いでチャレンジしてみましょう。

<レート>
4.6(最大5/App Store/4月20日時点)
4.5(最大5/Google Play/4月20日時点)

<アプリ情報>(App Storeより)
販売元:runtastic
サイズ:54.7MB
互換性:iOS9.0以降。iPhone、iPad、および iPod touch に対応。
言語:日本語、イタリア語、オランダ語、スペイン語、チェコ語、トルコ語、ドイツ語、フランス語、ポルトガル語、ポーランド、ロシア語、簡体字中国語、繁体字中国語、英語、韓国語
年齢:4+ 対象年齢
Copyright:(C)runtastic GmbH

■腹筋農場フッキンファーム

続いて紹介するのは、「腹筋農場 フッキンファーム」。
アプリを起動すると、トータルの目標腹筋数を設定する画面が登場。「1000回」「5000回」「10000回」の3つから選べるので、毎日コツコツ腹筋して到達できそうな回数を選びましょう。

腹筋1回につき畑に野菜が1本生えるので、自分のがんばりが“見える化”されてモチベーションが上がります。毎日腹筋することで、赤カブだけでなくレアな野菜も次々に登場。これはハマってしまう予感…。

使い方もとってもシンプル。まず、スマホを腹筋の上に垂直に固定します。その状態のまま「栽培」ボタンを押して、腹筋をすればOK。スマホに付属している角度センサーが反応して、自動で腹筋数がカウントされます。

<レート>
1.8(最大5/App Store/8月30日時点)

<アプリ情報>(App Storeより)
販売元:Qooga Create Limited company
サイズ:8MB
互換性:iOS 7.0以降。iPhone、iPad、およびiPod touchに対応。
言語:日本語、英語
年齢:4+ 対象年齢
Copyright:(C)Qooga Create Limited company

■フィットネスアーカイブ

「フィットネスアーカイブ」の基本的な機能は、1日ごとに実践したトレーニングメニューの内容や回数、効果を記録すること。アプリをインストールしたら、まずはアカウントの作成をスタート。現時点の身長や体重、年齢といった基本的な情報を登録してください。アカウントを作ったら、これから自分が行うトレーニングをまとめた「マイメニュー」を設定しましょう。

設定したトレーニングを実践したあとは、メニューごとにとり組んだ回数や時間を入力。すると、その運動で消費できたカロリーが表示されます。さらに「最終トレーニング日」からの経過時間のカウントがスタートし、「筋肉痛期」「超回復期」などの情報もチェック可能に。筋肉がつきやすいベストなタイミングで、トレーニングを始めましょう。

<レート>
3.6(最大5/App Store/2月28日時点)
3.9(最大5/App Store/2月28日時点)

<アプリ情報(App Storeより)>
販売元:Cross Planet, Inc.
サイズ:89.1MB
互換性:iOS 9.0 以降。iPhone、iPad、および iPod touch に対応。
言語:日本語
年齢:4+対象年齢
Copyright:(C)2017 Cross Planet, Inc.

■Sworkit

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ