無料の会員登録をすると
お気に入りができます

もしかして破局しちゃう? 彼との別れを回避するための心得♡

ちょっとしたことで彼と言い合いになったり喧嘩に発展することがありますよね。でも、そのまま破局に向かってしまっては悲しいもの。そこで、彼との別れを回避できる女性の心得をご紹介したいと思います。

2018年10月
恋愛・結婚

彼と絶対に別れたくない…!

「最近、彼の様子がいつもと違っておかしい…」「もしかして別れようと思ってる?」と察知しているあなた。嫌な予感って意外と結構当たるものですよね。

別れの危機に直面しているけど、彼に気持ちが残っている時ほど「絶対に彼と別れたくない!」と意固地になってしまいがち。彼にNGワードを言って自爆してしまったなんて経験をした方も多いのでは?

今回は、そんなつらい状況を打開するためにも、別れを回避するためのルールをご紹介したいと思います。相手に不信感をぶつけたり思ってもみないことをつい言ってしまう方、必読ですよ!

喧嘩別れしないための大切なルール

1. 感情に任せて暴言を吐かない

喧嘩した時に言っていい言葉といけない言葉があります。つい感情に任せて「もういい、別れる!」と勢いで言ってしまうのは、どんなに腹が立ってもNGです。

口喧嘩の場合、お互いにワーッと言い合ってしまいがちですが、言われて怒れることならまだセーフですが、逆に言われて悲しくなることをいうのは完全にNGです。あなたは彼に「別れる!」と言われたらどう思いますか?

また、「別れると言ったら彼はどんな反応するかな?」とか「引き止めてくれるかな?」など、心のどこかで彼を試すような言動も控えましょう。感情の赴くまま、本心とは違うことを口走らないよう冷静さを保つことも大切です。

2. 彼の家族や友人の悪口を言わない

別れを招きやすい一因に、彼の家族や友達のことを悪く言うというのもあります。あなたよりも彼と付き合いの長い家族や友人は、どうしても似通った部分が多く、付き合いや習慣など喧嘩の原因になる出来事に絡んでいることも多いですよね。

でも、誰だって自分が大切にしている人たちの悪口を言われるのは嫌なもの。喧嘩の勢いで彼の周囲の人にダメ出しすると、「この子とはやっていけないかも…」と別れがちらついてしまうかも?

3. 彼のプライドを傷つけない

プライドの高い男性が多いのは、ご存知の通り。いくら草食系男子であっても、男のプライドはきちんと持っています。あなたの何気ないセリフが、彼の心をボキッと折ってしまう可能性だってあるんです。

例えば彼に直してほしいところをきちんと指摘するのと、彼の弱みにつけこんで頭ごなしに否定するのは全くの別物です。彼の一言にカチンときて、反撃するために彼の過去に失敗話や癖を引っ張り出して言い返すのは避けましょう。

4. 「一緒にいて疲れる」は絶対にNG

別れを招いてしまう要注意のNGワードといえば「一緒にいると疲れる」です。こんな一言を言われた場合、彼は付き合う意味すら見失って、別れる or 距離を置くなどの対応をせざるを得なくなります。

彼と四六時中一緒にいると、さすがに息が詰まりそうになることもあるはず。ストレスを感じてしまっているのなら、たまには一人になる時間を作って冷静になることも大切。彼と疲れる原因を話し合うのもいいかもしれません。

5. 自虐的な発言をしない

言い合いになった時、彼に対して「じゃあ、私いない方がいいよね?」といった自虐的な発言をしていませんか?これは彼に「そんなことないよ」と言ってもらいたいがための、あなたの単なるワガママです。

付き合いたてなら、そんな言葉も可愛く思ってくれるかもしれませんが、あまりに多いと彼にとってはひたすら面倒くさいだけです。自分に非があるのならば、素直に認めて彼に謝ったほうがよっぽど可愛いですよ。

彼から「別れよう」と言われたら?

あなたからではなく、彼から別れ話をもちかけられるケースも忘れてはいけません。この時、泣きわめいたり怒ったり感情的になって、彼の別れたい気持ちに拍車をかけないようになるべく刺激を与えないようにしましょう。

まずは相手の言い分をじっくり聞く

突然別れ話を切り出されたら、感情的になる気持ちをグッと押さえて、なるべく落ち着いて相手の話を聞くことに専念して。彼はいろいろと考えた結果、あなたに気持ちを伝えようとしているので、話を遮ったり反論するのはご法度。

動揺してしまう気持ちを抑えつつ、彼をできる限り尊重しながら、一旦は相手の気持ちをしっかり受け止めることに専念しましょう。

別れたくない気持ちを伝える

相手が一通り話を終えたら、今度はあなたの番。冷静に考えて彼にまだ気持ちがあるのなら、自分から別れたくないという気持ちを伝えましょう。言いたいことは山ほどあると思いますが、シンプルに伝えるのがベスト。

また、自分に悪いところがあれば直すということや、自分には相手の存在が必要なことなどを言葉で一緒に添えてみてください。くれぐれも冷静にシンプルにを心がけることが大切です。

彼と一旦距離を置いてみる

彼に別れたいと言われたからといって、その場ですぐ結論を出さなくても大丈夫。下手に結論を出そうとして言い合いになると、相手も感情的になって別れを回避できなくなる場合も。

あなた自身も冷静になるためにも「少し考えさせてほしい」と言って話を引き取ってみましょう。この時間、彼と距離をとって自分の言動を振り返ってみたり、別れを回避するためにアイデアを練ったりすることができるはず。

数週間後に連絡をしてみる

別れ話の後、しばらくしてから相手に連絡をして会う約束をしましょう。その時伝えるべきは“相手への感謝の気持ち”。「いつもありがとう」「なのに、別れたい気持ちにさせてごめん」など、一緒にいて楽しかった思い出を話してください。

今までの感謝の気持ちを伝えつつ、自分の至らなかった点を謝った上で、もう一度だけチャンスがほしいと復縁を切り出すのがベスト。この時も、できるだけ冷静に落ち着いて話し合うことを心がけて。

また、離れていた間、自分の悪いと思っている性格や癖などを見直して直そうとしたり、できるだけ外見を変えたりなど、自分磨きに励むことも大切。「彼女と別れるのはもったいない!」と相手が心変わりする可能性に少しでも賭けましょう。

別れを回避して彼との絆を深めよう♡

その場の感情で別れを決めてしまって後悔するのではなく、冷静さと常識的な言動を意識すれば、別れを上手く回避することができます。喧嘩別れを引き起こす地雷に気をつけつつ、相手への思いやりの心を忘れないよう日々過ごしてくださいね。

記事に関するお問い合わせ