無料の会員登録をすると
お気に入りができます

山梨・勝沼を日帰りで楽しむ。 〈シャトー・メルシャン 勝沼ワイナリー〉と、ぶどうを楽しむ秋のおでかけスポット!

旅行・おでかけ

都内からアクセスのよい〈シャトー・メルシャン 勝沼ワイナリー〉。

ぶどうといえば、ワイン!という、のんべえな私がまず向かったのは、〈シャトー・メルシャン 勝沼ワイナリー〉。最寄りのJR塩山駅までは、特急で新宿から1時間半というアクセスの良さ。ここからワイナリーまでは、タクシーで10分ほど。電車の旅だと、お酒が飲めるのでありがたいですよね。

秋晴れの中、〈シャトー・メルシャン〉到着。まずは、ワインギャラリーへ。こちらは無料でどなたでも楽しむことができますよ!

敷地内には、ぶどう棚も!こちらはワインに使用される甲州という品種。山梨を中心に栽培される日本固有の長い歴史を持つぶどうです。

ワインギャラリーの目の前に広がる大自然!吹き抜ける風が気持ちよく、緑に癒されます。旅行気分が高まりました!

ワインとランチプレートを大自然の中で!

腹が減ってはなんとやらということで、テイスティングカフェにて、ワインと合わせて楽しめるようになっている軽めのお料理をいただきましょう。盛り合わせの「ランチプレート」(1,500円)を注文。オニオンとこもものピクルスは酸味が利いていてワインと相性がいいです。トマトのジュレも甘ウマ!

もちろん、ランチプレートはワインセット(プラス300円)に。ワインは赤白どちらか選べます。
今の時期は赤ワイン「勝沼マスカット・ベーリーA 2015」、白ワイン「穂坂甲州セレクテッド・ヴィンヤーズ 2015」の2種類。この大自然の中でいただくワインとお料理は格別。

左から「新鶴シャルドネ」、「穂坂マスカット・ベーリーA 2014」、「城の平 2013」

ワインの飲み比べセットもいただきました。「シャトー・メルシャン 2018日本ワインコンクール 金賞セット」は3種類飲み比べられます。美味しいワインをたくさん飲んで幸せな気分。

ワイン資料館で、日本のワインづくりに想いを馳せる。

ワインギャラリー併設のワイン資料館は、1904年に建てられた現存する日本最古の木造ワイン醸造所なんです!建物や展示されたものからも、その歴史が感じられます。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ