無料の会員登録をすると
お気に入りができます

私このままでいいのかな?あなたの漠然とした不安感を解消する名言8選

不安を解消する方法はいろいろありますが、中でも言葉は大きな影響を及ぼす代表格。何気なく見たポスターや広告の言葉に、勇気をもらうこともよくあるはず。今回は、あなたの不安な気持ちを少し和らげてくれる偉人たちの名言をご紹介したいと思います。

2018年10月
ライフスタイル

将来が見えなくて急に不安になる…

「私、このまま同じ仕事を続けてていいのかな?」「今の彼氏と付き合っていても先が見えない」といった恋愛や仕事に対して漠然とした不安感が襲ってくるアラサー世代。

その他にも、お金のことなど、将来について考えだしたら止まらない不安な気持ちで日々悩まされている方って結構多いのではないでしょうか。ある程度は仕方ないですが、自分の心持ち次第で気持ちを少しでも楽にさせることはできます。

不安感を消したいからといって無理やりポジティブになる必要はありません。今回は、不安な気持ちに寄り添いながら解消してくれる名言をご紹介したいと思います。

不安な心を解消する偉人たちの名言8選

1. 考えるよりも行動を!

「うまくできるだろうか」という不安が頭をよぎったら

とにかく、行動を起こしてしまいなさい

不安は程なく解消されます

牧師であり、潜在意識の法則を提唱したことでも有名なジョセフ・マーフィーによる言葉です。不安なことを一度考え出すと、どんどん悪い方へ考えてしまい、身体が動かなくなってしまうもの。

しかし、どれだけ不安に思っていたとしても現状は変わるでしょうか?答えはNOですよね。それであれば行動を起こしたほうが良いですし、何かしらの変化がきっと得られるはず。頭でっかちになりやすい方は、ぜひ行動を!

2. 影を見るのではなく光に目を向ける

いつも太陽の光に顔を向けていなさい

そうすれば影を見なくてすむ

いつも真理に目を向けていなさい

そうすればあなたの心から不安や心配は消える

重い障害を背負いながらも世界各地を歴訪し、障害者福祉に多大な影響を与えた社会福祉活動家、ヘレン・ケラーの名言。不安に感じている時って、どうしても影の部分を気にしてしまいますよね。

だったら、影を見て落ち込むのではなく光を見るようにしましょう、光に顔を向ければ自然と影は消えていきますよと説いています。影がなくなったら、自然と不安もなくなっていくでしょう。

3. ネガティブは自分を縛り付ける

臆病な考えや、不安なためらいや

女々しい足ぶみや、あわれな訴えは

少しも悲惨を救うことができぬ

決して君を自由にせぬ

ネガティブなことをひたすら考えていても何かいいことがあるわけではなく、ただただ悲惨な状態が続いてしまうだけですよね。不安に縛られてしまうと、自分の思い通りに動けなくなって余計にストレスが溜まってしまいます。

不安を抱き続けても何も変わることがないのなら、その状態から一刻も早く脱して自由な心を取り戻した方がよっぽど健康的ですし、幸せな一歩を踏み出せるはず。そのことに気づかせてくれるゲーテの名言です。

4. 自分は自分であれ

トマトがメロンになろうとするから

不安なんです

詩人であり書家でもあった、相田みつをの名言。人は悩みや苦しみを感じる時、そのほとんどは思い込みによるものが多いはず。「自分はこうでなければならない」という風に自分の心にルールを課しているとも言い換えられます。

不安になる=現状をなんとか打破しないといけない、ということにもつながるわけですが、自分以外の何かになろうとしていませんか?トマトはトマトなんだと今の自分を知ることで自身を振り返ってみてはいかがですか。

5. あるがままを受け入れる

現実を現実として、

あるがままに受け入れなさい

物事をそれが進みたいように、

自然に前に流れさせてやりなさい

不安になる原因は、あるがままの自然を受け入れず抵抗してしまうことから生まれてくるのかもしれません。自然に出来事を受け入れたり、変化を受け入れることができたら、不安そのものが薄れていくといった、老子の名言です。

自分に非がないにもかかわらず、変化を受け入れるというのはなかなか難しいことではありますが、受け入れない限りいつまでも不安がつきまとうもの。一度、なぜ自分が受け入れられないのか理由を探ってみるのもいいかもしれません。

6. 思っているだけでは伝わらない

愛することによって失うものは何もない

しかし、愛することを怖がっていたら、

何も得られない

アメリカの作家のバーバラ・デ・アンジェリスの名言です。片思いをしていると迷うことが多いですよね。しかし、彼に振られることばかり考えていては、彼の愛を手に入れることは永遠にできないということを教えてくれます。

何も行動を起こさずに悶々としているより、勇気を出して告白した方が結果はどうあれ今後のあなたの糧となり、恋愛の経験を積んだことにもなるのです。失恋が怖いからといって自分を守っていてばかりは何も得られません。

7. 不安も受け入れて

辛い思いはすべてプラスになる

苦しかったこと、

悲しかったことが、

いつか必ず花開く時が来る

辛いこと、悲しいことは

幸せになるための必要事項

花開き、実を結ぶときに

やめてしまってはいけない

歌手やタレントなど多方面で活躍される美輪明宏さんの名言。不安な気持ちにさいなまれることはとてもつらいものですが、そんなつらい出来事もいつしか自分の糧となってくれることを教えてくれています。

過去のつらい出来事も今となっては笑って話せるというエピソードが、誰しも1つや2つあるでしょう。不安に思っているのは今だけなのかもしれません。不安を無理に消そうとするより受け入れていこうとすることが心を強くするはずですよ。

8. 自信のなさ=自己の評価

あなたがそう思わなければ、

だれもあなたに劣等感を

抱かせることはできない

32代アメリカ大統領の妻・エレノア・ルーズベルトの名言。あなたが自分を見ているのと同じように、人はあなたのことを見ているわけではないと説いています。つまり、不安や劣等感を覚えているのは自分の意志によるものとも言い換えられますね。

周りの人全員から好意を持ってもらいたいと思って行動するのではなく、自分の個性を磨くことで自信はついていくもの。大切なのは、他人の意見に振り回されず自分に自信を持って信念に忠実であることです。

あなたの不安が解消されますように

不安になることは決して悪いことではありません。しかし、心配するあまり自分自身をがんじがらめにしてしまうのは本末転倒です。ご紹介した名言の中を参考に、あなたの心が楽に考えられるような習慣を心がけてみてくださいね。

記事に関するお問い合わせ