無料の会員登録をすると
お気に入りができます

お使いのブラウザは現在サポートされていません。

一部の機能が正しく動作しない、表示が崩れる可能性があります。

より快適にご利用いただくために、ブラウザをアップデートしてください。

1ヶ所動かすだけでイイ♡「肩甲骨ダイエット」がスリムへの近道

楽してダイエットを成功させたいなら、肩甲骨を動かすのが1番の近道です。脂肪燃焼・代謝アップ・骨盤の歪み矯正などが全て叶う肩甲骨トレーニングの方法を動画でご紹介します。

美容

両手を大きく天井に向けて広げたら、肘を曲げて背中に引き寄せます。首がすくまないように長く保ち、肩を下げましょう。呼吸は止めずに深く続けて、10〜20回繰り返します。座ったままで5分あればできるので、オフィスでもオススメです。

③両腕の開閉&上下運動

両腕を上下させた後は、左右に開閉する動きも行っていきましょう。

Asami on Instagram: “背中・腕引き締め/肩甲骨を動かすエクササイズ  肩こりかな?と思ったら、動かしてスッキリさせましょう💡 肩甲骨を意識して動かすエクササイズの種類はたくさんあります。 好きな動きを混ぜてお気に入りを作って、なるべく肩甲骨6方向全ての動きを使えるようになりましょう😊👍🏼💡✨…”
instagram.com

二の腕が床と平行になるように、肘を顔の前まで持ち上げます。そのまま肘を左右に開き、肩甲骨を寄せます。次に両肘を付けて、真上に小刻みに持ち上げましょう。上下左右に肩甲骨を動かすことで、リンパがほぐれて巡りが良くなります。

負荷アップにチャレンジ

①ダンベル&ペットボトルをプラス

肩甲骨を動かすことに慣れたら、負荷をかけてワンランク上のトレーニングに挑戦しましょう。

Asami on Instagram: “背中・肩甲骨まわり・肩、腕 💪🏼 肩甲骨から動かす意識でやってみてください💡  #自分のペース #ピラティスbyasami  #体引き締めエクササイズbyasami #腕エクササイズ #腕引き締め #肩まわり  #staystrongphysicallyandmentally…”
instagram.com

ダンベルやペットボトルを両手に持ち、前傾姿勢を取ります。肘を後ろに引き上げて、肩甲骨を近づけます。数回繰り返したら、次は両肘を外側に開いていきましょう。ダンベルの重さが負荷となり、二の腕の引き締め&バストアップも叶います。

②肩甲骨+背筋使い

instagram.com

うつ伏せの状態から、上半身を持ち上げます。両手を広げて肘を伸ばし、肩上〜床スレスレまで上下させましょう。アゴを引き目線は下を保ち、首の後ろを長くしたまま肩を下げるのがポイント!肩甲骨だけでなく背筋も使うので、背中美人になれますよ。

③背中をさらに強化!

ラストは、上体を上下させてさらに肩甲骨&背中を鍛えていきます。

anna on Instagram: “【背中肩甲骨を鍛える運動】  ①うつ伏せになり、膝を曲げて脚を組みます。 ②手を前方に伸ばし、腕を後ろに引きながら肩甲骨を寄せ、上体を起こします。(痛みの出ない無理のない可動域で起こします。) ③肩甲骨、背中の筋肉を縮めるイメージで上体を起こして戻してを繰り返します。…”
instagram.com

うつ伏せから膝を曲げて脚を組みます。手を前方に伸ばし腕を後ろに引きながら肩甲骨を寄せて、上体を起こします。肩甲骨と背筋を緩めるイメージで、上体をアップ&ダウン!反動を付けないようにゆっくり行い、自分の筋肉や脂肪の動きをイメージして行うのがコツです。

肩甲骨をもっと動かそう♡

肩甲骨を積極的に動かすことで、上半身の筋肉を効果的に動かすことができます。

記事に関するお問い合わせ