無料の会員登録をすると
お気に入りができます

ギフトにもおすすめ![お取り寄せ]こだわり本格チーズケーキ4選

グルメ

北の大地・北海道。そんな北海道で生まれた質の高い素材を使ったスイーツが急増中。今回は、こだわり素材を使った本格チーズケーキをご紹介します。

1.〈Cheesecake HOLIC〉

独学でイタリア料理を勉強し、1999年オーナーシェフとして北海道江別にて〈リストランテ薫〉(現在閉店)をオープンし『ミシュランガイド北海道2017』にて1ツ星を獲得した長谷川稔氏。翌年、自身の名を冠にした〈長谷川稔〉を東京広尾にオープンさせると一年で、ゴ・エ・ミヨ2019 明日のグランシェフ賞、東京最高のレストラン2019掲載など、数多くの賞を総なめにしました。
そんな長谷川稔氏がこの春立ち上げたチーズケーキブランドが「Cheesecake HOLIC」。1口目のおいしさだけでなく、1本ペロリとおいしく食べれるチーズケーキをコンセプトにしています。

https://cheesecake-holic.com/
さらに詳しいレポートはこちらから。

2.〈h.u.g-flower YOKOHAMA〉

この「チーズテリーヌ」は主な材料はチーズケーキと同じです。ワインのお供としても楽しめる、大人のスイーツになることを意識して「チーズテリーヌ」と命名されたそう。材料として使用する乳製品はクリームチーズ、生クリーム、サワークリーム、そして昨今は入手困難なこともあるバターも含めてすべて北海道産に限定。
贅沢に混ぜ込まれているバニラビーンズは、いくつかの産地のものを試した末にマダカスカル産を使用するというこだわりぶりです。さらに小麦粉を使用していないので、グルテンフリーにこだわりがある方にもぴったりなデザートです。ワインに合わせるのはもちろん、クセがないので幅広い年代に好まれるスイーツとして、お土産にもぴったりです。

https://www.89cheeseterrine.com/
さらに詳しいレポートはこちらから。

3.〈THE CHEESECAKE by Megan〉

渋谷・並木橋にあるパティスリー〈Megan - bar & patisserie〉が作る「THE CHEESECAKE by Megan」は、「シンプル」と「ベーシック」にこだわったチーズケーキ。クリームチーズやバター、生クリームは北海道産の選び抜いた素材を使っていて、どこかで食べたことがあるような懐かしさと初めて経験する味の両方が味わえます。
お取り寄せも人気の「Standard」は、どっしりと濃厚で、半生のような滑らかな口どけのベイクドチーズケーキ。酸味と甘みのバランスの安定感にほっとしつつ、軽やかで酸味のあるサワークリームフロス、そして土台にしている全粒粉を使ったクッキー生地と、3つの食感のコンビネーションがたまりません。
「Standard」は、オンラインショップでの取り扱いのほか、系列店で代官山にある〈GARDEN HOUSE〉や〈CIAL YOKOHAMA〉内の〈GARDEN HOUSE STORE〉でも販売されています。
〈Megan - bar & patisserie 渋谷 東急フードショー店〉
■東京都渋谷区道玄坂1-21-1 渋谷 東急フードショー① 1F
■03-3477-4670
■当面の間の営業時間 11:00~20:00
■休は〈渋谷 東急〉フードショーに準ずる

https://ghghgh.jp/pages/megan-thecheesecake
さらに詳しいレポートはこちらから。

4.〈チーズケーキ専門店 Buono Buono〉

今回、札幌滞在中の筆者が店舗を訪れ、20種類近くあるチーズケーキの中から人気ナンバー1の「ケーゼ」(496円)とバスクチーズケーキ(486円)を購入しました。たっぷりのクリームチーズにカスタードクリームを加えて作られたケーゼは、カスタードの甘味と濃厚なチーズの風味が感じられる一品で、老若男女に愛されそうな味。コーヒーとの相性もバツグンで、ティータイムを彩りを添えてくれます。
クッキー生地のサクサク感とクリーミーなチーズの食感の組み合わせも、人気の理由かもしれません。小ぶりなのに、チーズがギュッと詰まっていて満足感が得られるのも印象的でした。
〈チーズケーキ専門店 Buono Buono〉
■北海道札幌市中央区南6条西24丁目1-18 ワイズ南円山1F
■011-552-5833
■10:00〜18:00

(当面の間)
■休業日なし(年末年始のみ)

https://www.buono-buono.com/
オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ