無料の会員登録をすると
お気に入りができます

油断大敵!ラブラブカップルこそ気をつけたい恋の落とし穴8選

彼とはラブラブだからトラブルや別れの心配もなさそう…実はそんなときこそ恋愛の落とし穴が隠れています。仲がいい時期だからこそ、カップルとしてパートナーとして気をつけておきたいことを知っておきましょう。

2018年10月
恋愛・結婚

ラブラブな時期こそ危険!?

いつまでも忘れてはいけないことがある

お互いに好き合っていてラブラブなカップル…だったはずなのに、急に気持ちが冷めてしまったり、関係が終わってしまうことがあります。実はラブラブな時期こそ、大切なことを忘れてしまいがちです。

Photo by Joanna Nix / Unsplash

彼と仲良しカップルでい続けるには、相手に気を許したラブラブ期こそ思いやりが大切です。そこで、関係が深まると忘れがちなことや大切にしたいことをご紹介します。

1.感謝・気遣い・遠慮がなくなる

親しき仲にも礼儀あり

人付き合いで大切な感謝や気遣い、適度な遠慮。付き合いたてのカップルも最初は関係を大事にしたいからこそ、そういったことを忘れずにいたはずです。しかし、お互いに慣れてくると忘れてしまうこともあります。

彼がしてくれたことに感謝していますか?遠慮がなくなりすぎていませんか?一緒に過ごすうちに気遣いが消えていませんか?彼の優しさをあたりまえのように受け入れたり、連絡が雑になったりしているのではないでしょうか。

親しき仲にも礼儀あり。大切にしたい人だからこそ感謝や遠慮、気遣いを忘れないようにしましょう。

2.さらっと否定・スルーする

「相手を傷つけないかな?」と考えて

心を許しているからこそ、本音として辛口な意見を言ったり、彼の言うことをスルーしたりすることもあるかもしれません。きっと素を見せられる相手なのでしょう。そういうパートナーがいることは素敵なことです。

しかし、否定的なことを言われたり、無視されたりして喜ぶ人はいません。彼もやはり傷つきます。大切な人だからこそ気遣いは必要です。自分の行動や発言に対して、相手を傷つけていないかきちんと考えましょう。

3.だらしない姿を見せすぎ

ときめきを忘れないように

多忙でなりふり構わずになってしまったり、弱っている姿を見せたりするのは仕方のないことです。そうではなく、あまりにもだらしない姿を彼に見せていませんか?

記事に関するお問い合わせ