無料の会員登録をすると
お気に入りができます

リアルな声が聞きたい♡パートナーが転職するときに気をつけたいポイント

将来のライフプランを考えて、パートナーと話し合うことは大切。人生の節目で「転職しようかな」と彼に言われたらどうすればいいの? そんな悩みを持つ女性必見です! 気をつけるポイントについて、dodaのキャリアアドバイザーに聞きました。

PR
提供元: doda
2018年11月
ライフスタイル

転職しようかな……彼からそんな話が出たら

「そろそろキャリアアップも考えて仕事かえてみようかな」と話す彼。転職活動をするにあたり、彼が素敵な職場に転職できるように応援してあげたいですよね。

将来のライフプランを考えて、彼と話し合うことも大切です。「今の仕事はハードなので健康面で不安」、「残業が多いので家族が増えても一緒に過ごす時間が取れるか不安」、給料、福利厚生などこだわるポイントはたくさんありますよね。

実際、パートナーが新しい仕事を探して転職活動するときどうすればいいの? そんな悩みを持つ人に、気をつけたいポイントを徹底解説します。ぜひ参考にしてくださいね!

アンケートで本音を聞きました!

今回、25~39歳の既婚女性1,000名に、パートナーの転職についての本音をアンケートで調査しました。

Q1.パートナーの転職に賛成ですか?

全体の60%以上がパートナーの転職に賛成しているようです。世帯年収が低い層は「大賛成」と回答する傾向が特に高く、パートナーの年齢も賛否に影響がある結果に。パートナーの年齢が上がるにつれて賛成率が低下していることが分かりました。

Q2.パートナーが転職をする際、気にするポイントはどこですか?

世帯年収が高い層、子どもがいない夫婦は「本当にやりたい仕事かどうか」を重視する傾向があり、パートナーの年齢が25~34歳の方は、「休日・休暇」を重視する傾向があることが見られます。また、パートナーが技術職(SE・インフラエンジニア・WEBエンジニア)の人は、他の職業と比較して「勤務時間」を気にする傾向があります。

Q3.パートナーが転職をする際、期待することはなんですか?

世帯年収や子供の有無で期待することは変化する結果に。世帯年収が高い層は「家事・育児の分担」「家族の時間が増えること」と答える方が多く、子どもがいない層は「配偶者のモチベーションアップ」に期待する傾向が高いですね。

※実査委託先:楽天インサイト(2018年10月)
※Q2, Q3については、17個の条件のうち、3つまでを選択してもらった際の各条件の割合

実際、転職市場ってどうなの?!

転職サイト、エージェントサービスを手がける「doda」。アンケートの結果を踏まえて、今回dodaのキャリアアドバイザー グループリーダーの林 沙耶香さんに、転職についてのお話を伺いました。

――転職する人が多いタイミングはどんなときですか?

やはり人生の節目で転職を考える人は多いですね。例えば、結婚しようと思ったとき、お子さんが生まれるとき、お子さんが大きくなってきて教育費がかかるから年収を上げたいときなど、タイミングはさまざま。ただし、5年前に比べて景気がいいので転職市場から言うと本当に転職しやすいときだと思います。

――転職するときの条件の決め方って?

大前提として、 転職をするときに大きく年収アップをしようと思っていても難しいのが現実です。日本では、実際に会社に入って、結果を出してから給料が上がることのほうが多いからです。

それを理解した上で、生活水準や家族計画(教育費など)をベースに考えるのがいいですね。お子さんが生まれると転職に奥さんの意向が強く反映されることも多いんです。なるべく早く帰ってきてほしいけれど、年収も上がってほしいのが本音。優先順位が高いことは何かしっかり話し合うことが大切です。

――なるほど。パートナーと話し合ってから、プロに相談するのがいいですね。

そうですね、 同じ業界で、そのビジネスを奥さんが理解しているのであれば同じ目線で話すことができますが、それは珍しいケースです。違う業界だと、そこで身につくスキルとか、その業界の将来性などについては奥さんには分からない。
結局、名前だけで選びがちになってしまうんです。過去と現在、未来では経営や経済状況が異なるので、”名前を知っている会社だから”という理由で選ぶことは危ないかもしれません。

――注意すべき点も多いですね。

会社を選ぶときの落とし穴もあります。知名度や上場の有無で選ぶのは要注意です。上場していなければ、社員のためにお金を還元できる場合もありますから、必ずしも上場していれば安心というわけではないんです。それに、BtoBのビジネスモデルで業績が安定している隠れた優良企業もありますから、上場しているとか、有名な会社だけではなく、いろんな視点で考えた方がいいですね。

――バランスのよさが大事ってことですか?

自分のスキルを伸ばすためにチャレンジできる会社であることも大事だと思います。勤務時間ばかり気にすると、残業分の収入が下がって年収が上がらないとか、仕事のレベルが下がってしまいスキルアップできない……なんていうこともあるんです。スキルを伸ばすために許容できる労働時間を決め、残業代もしっかり出て安定した会社を選ぶ、という考え方もあります。その人の将来のキャリアを考えながらアドバイスすることを心がけています。

――パートナーが転職活動しているときはどうすればいいですか?

転職「活動」と実際に「転職をすること」は別物です。今の会社より条件がいいと思える会社から内定が出た場合、転職を決断すればいいんです。条件などは夫婦間でしっかり話し合って、「活動」自体をネガティブに考えないで、むしろ背中を押してあげたらいいと思いますよ!

自分たちだけで考えずに、業界のことを熟知しているキャリアアドバイザーに相談してみた方が、よりよい転職活動になるはずですよ。

オススメの会社ってありますか?

あります! 私はシステムエンジニアの方々の転職をサポートしていますが、しっかりとした技術力をお持ちのエンジニアの方でも、流行の技術だけでなく「プラスα」が必要になると思います。そのなかでも、技術だけでなくコミュニケーションをとることが好きな方もいらっしゃいますよね。そんな人にオススメしているのが「Sky株式会社」です。

Sky株式会社は、CMでおなじみの「SKYSEA Client View」を作っている会社で、多くのシステムエンジニアが在籍しています。社員定着率97%で、残業管理もしっかりしている。日々の業務や研修でスキルも伸ばせるし、バランスのよさが圧倒的ですね。福利厚生がしっかりしていて、女性目線でもオススメできる会社です!

キャリアアドバイザーに話を聞いてもらいたい人はこちら
Sky株式会社の魅力って?

先のキャリアを考えて会社を選ぼう!

先のキャリアを見据えて選ぶことが大切だからこそ、転職したいと思ったときはキャリアアドバイザーに相談するのがいいですね!ぜひ、林さんオススメの「Sky株式会社」もチェックしてみてください。新しい働き方で人生が変わるかもしれませんよ♡

もっとSky株式会社について詳しく知りたい!
記事に関するお問い合わせ