無料の会員登録をすると
お気に入りができます

「私ってダメだな」をやめたい!自己肯定感を高める方法8選

自信を失い、自分に対して否定的になるなど、自己肯定感が低くなってしまったことはありませんか?自分を下げてしまうとつらくなるだけです。自己肯定感を高めるにはどうしたら良いのかを解説します。

ライフスタイル

誰かと自分を比較して、自分か誰かを傷つけることになるなんて、誰も幸せになりません。他人と比べてしまうなら、もっと自分に活かしましょう。まずどうして自分はダメと思ったのか、相手は何が優れているのか、考えます。

そして、相手をよく観察しましょう。すると、相手に見習うところがたくさん見つかります。自分なりに相手を見習って努力すれば、あなたも成長できるはず。自信もつき、誰かと比較することもなくなります。

7.他人より自分を優先させる

自分を認めてあげられるのは自分

自己肯定感が低いと自分で自分を認めてあげられないので、他人に自分の評価を求めがちです。なので、人からどう見られているかをとても気にしてしまいます。自分よりも他人を優先し、気を遣いすぎたり、利用されて振り回されてしまうことも。

他人の尺度だけで生きていくのは大変です。あなたが嫌いな食べ物を相手が「おいしい」と言うのなら、あなたは食べ続けますか?途中で「もう無理!」となってしまいますよね。それと同じことをしているのです。

食べ物の好き嫌いのように、感じたままに自分の気持ちを優先してあげて良いのです。また、他人に求めることを自分にしてあげましょう。褒めてほしいなら自分を褒めて、優しくされたいなら自分が心地良いと感じることで満たされましょう。

8.ダメな自分も愛してあげる

あなたはそのままで素晴らしい

自己肯定感が低いからこそ、高めたいと頑張る人もいるでしょう。しかし、うまくいかないこともあります。どうしても落ち込んでしまうこともあるでしょう。そのとき強く自分を責めてしまってはいませんか。「やっぱり自分はダメだ」と。

きっと求める自分の理想が高いのでしょう。だからこそ、頑張っていても理想を叶えられないと自分を認めてあげられないのです。しかし、うまくいかないあなたもあなたです。そのままで十分素晴らしいのです。

頑張っている自分も、理想を叶えられた自分も、頑張れなかった自分も、ダメな自分も、あなたはあなたです。どんなあなただとしてもかけがえのない存在です。“ダメ”と思っている自分を受け入れるだけでも、あなたの心は軽くなるはず。ダメな自分も受け入れて、自分自身を愛してあげましょう。

自分を一番に認め、愛してほしい

自己肯定感が高い人も低い人も、同じような環境にいることが多いです。つまりは、同じ事でも捉え方が違うだけ。考え方次第で自己肯定感は高められるということです。

記事に関するお問い合わせ