無料の会員登録をすると
お気に入りができます

子どもにプログラミングをさせたほうがいい? 「プログラミング的思考」は将来必須

子育て

「プログラミング的思考」

子どもたちに必須のプログラミン的思考とは、自分が意図する一連の活動を実現するために、どのような動きの組合せが必要であり、ひとつひとつの動きに対応した記号をどのように組み合わせたらいいか、記号の組合せをどのように改善していけば、より意図した活動に近づくのか、といったことを論理的に考えていく力のことです。

知識や技能としてのプログラミング技術は、ある程度子どもが成長しなければ身につけることができませんが、思考力、判断力、表現力などであるプログラミング的思考は発達の段階に則して育成できます。

そして将来、「知識・技術」と「思考力・判断力・表現力など」が土台となり、子ども自身がよりよい人生を送り、社会活躍・社会貢献ができるようになるのです。

子どもにおすすめの無料プログラミングをご紹介!

「Viscuit(ビスケット)」

「Viscuit(ビスケット)」とは、日本で開発されたビジュアルプログラミング言語。メガネと呼ばれる仕組みを使い、簡単なアニメーションから複雑なゲームまでつくることができます。

「Scratch(スクラッチ)」

「Scratch(スクラッチ)」は、世界中でプログラミング学習に利用されるビジュアルプログラミング言語。ブロックを組み合わせることで、専門的なコード記述・文法の知識がなくても、ゲームやアニメーションなどさまざまな作品をプログラミング制作できます。

「Yahoo!きっず」

Yahoo!きっずでは、「Viscuit(ビスケット)」「Scratch(スクラッチ)」について、子ども向けにわかりやすくまとめられたサイトがあります。子どもが自宅でプログラミングを学習する際の参考になりますよ。

プログラミングを子どもに始めさせてみよう

プログラミング学習は、将来SEやプログラマーになるためだけに必要というわけではありません。子どもが生きていく力を身につけるために、無料のアプリやサイトを活用し、プログラミングを始めていきましょう。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ