無料の会員登録をすると
お気に入りができます

3か月で-15kg!「月曜断食」に成功したむっちんさんが、食べていたものとは?

美容

体の素直な思いに従って、週6日を良食日に

前回ご紹介したように、「月曜断食」とは月曜日を水だけを飲んで過ごす<不食>、火~木曜はからだにいいものを食べる<良食>、土日はなんでも食べてOKの<美食>のサイクルで、過ごすというものです。しかし、必ず月曜日を不食にしないといけないわけではなく、生活スタイルに合わせアレンジしてOKということから、むっちんさんは水曜日を不食日に設定。月曜断食ならぬ“水曜断食”を2020年7月1日水曜日にスタートしました。

その結果、3か月で15㎏の減量に成功したむっちんさん。食べることが好きで、それゆえに太ってしまったという背景からしても、水だけで過ごすことや、炭水化物を抜く食生活はつらかったのでは……? ところが、むっちんさんからは、「そんなに、つらさはなかったです」と意外な一言が。さらに、驚くことに、“美食日なし”で3か月を過ごしたと言います。

「本来ならば、不食日の前日と前々日は、何を食べてもOKな美食の日なのですが、実は私、この美食を設けなかったんです。つまり、水曜日は水だけを摂取し、あとの6日間は野菜を中心とした良食で過ごしました」

そんな彼女の発言に、「美食日がないなんて、無理……」「美食日があるからこそがんばれるのでは!?」と、と思った人も多いのではないでしょうか?

「もちろん、月曜断食メイツさん(SNSで集う、月曜断食体験者)の中にも、美食日を心待ちにしている方は多いです。でも、私は、せっかちな性格もあってか、“早く変わりたい”“早くやせたい”という気持ちが勝って、美食日に炭水化物などを解禁する気持ちが沸かなかったんです。不食日に関してもつらさはあまりなかったのですが、もし美食日を解禁してしまったら、美食明けの不食がしんどく感じるんじゃないかな。そんな、思いも少しありました。でも、決して我慢をしていたわけではありません。炭水化物を食べたいとか、お肉や甘いものが欲しいという欲求が湧かずに、良食でも十分満足ができていたんです。だったら、その気持ちに逆らう必要もないなと思い、良食日と同じものを食べることに。だから、美食日なしでも、まったくつらくありませんでした」

湯田プレミアムヨーグルトとサバ缶は、良食日の強い味方!

オリジナルルールで、不食日以外の週6日を良食にしていたむっちんさん。良食日には、実際どんなものを食べていたのでしょうか。

「朝は、白湯、果物、100g程度のヨーグルト。この3点セットが基本です。果物はキウイフルーツが定番でした。同じ果物でも、バナナやパイナップルは糖分が多いのですが、キウイは糖分が少なめなうえにビタミンも豊富です。ヨーグルトは、“プレミアム湯田ヨーグルト”が、大のお気に入りです! 実は、このヨーグルト、月曜断食メイツさんの間でもブームになっているんです。新鮮な生乳に生クリームを加えた、もっちりなめらかなヨーグルトなので、カロリーもお値段も少々お高め。だけど、月曜断食はほかに特別なお金がかからないし、これくらいのカロリーや贅沢は、許容範囲! 私も含めて、月曜断食メイツさんの中には、“ヨーグルト”ではなく”湯田プレミアムヨーグルト”がマスト!という人が、たくさんいます。一度食べたら、やみつき。本当においしいんです!」

むっちんさんは、基本はカットしたキウイフルーツの甘さで無糖タイプの湯田プレミアムヨーグルトを食べていたそうですが、もう少し甘さが欲しいという日は、自家製の濃縮甘酒や発酵あんこを加えていたそうです。

「発酵あんこは、ゆでた小豆と米こうじを炊飯器で保温して作ります。発酵の力で小豆の甘みが引き出されるので、砂糖も水飴も一切使わないのに甘いんです。普通のあんこって、小豆と同量程度のお砂糖が入っているんですよね。仕事柄、そのことをよく知っているので、あのたくさんの砂糖を想像すると、手をつけにくいんです。でも、発酵の力を利用すれば、砂糖なしで十分甘くなる。だったら、大量の砂糖に頼る必要はないですよね。私は、この発酵あんこを常に冷凍ストックしていました」

おいしいヨーグルトと、キウイフルーツ。それだけでもお腹は満たされていたそうですが、どうしても足りないときは、温めた無調整豆乳に、しょうがパウダーとシナモン、はちみつを加えたホット豆乳を飲むことも。お腹にたまるだけでなく、体も温まるので、気持ちも落ち着くそうです。
また、お昼や夜は作り置きのおかずに、温野菜やスープなどをプラスしていたそうです。

「料理家という職業なので、料理することは日常です。そのため試作や撮影用につくったおかずが常にあったので、それらを小分けにして、1食1~2品くらいずつ食べていました。そこに、ゆで卵やアボカド、温野菜、ときどき肉や魚を足すこともありましたが、それだけでけっこうお腹はいっぱいになるので、炭水化物がなくても十分でした。それから、スープや野菜たっぷりのおみそ汁もよく作りました。汁物はアレンジがしやすいし、お腹にたまる。体も温まって、満足感がありますよね」

そして、むっちんさんが、スープをはじめ、もう1品プラスしたいときに、特に活躍していたのが、サバ缶。そのまま食べてもおいしいですが、料理家ならではのアイデアで幅広く活用していたようです。
「サバのみそ煮缶をほぐして豆腐にのせたり、トマトとキムチと合わせてスープにしたり。サバ缶は味つけがされているうえに火を通す必要もないから、手軽だしアレンジしやすいんです。缶詰ですから当然保存もきくし、本当に便利! 私、サバ缶には足を向けて寝られません(笑)」

体重・体脂肪が減っただけでなく、不調も改善。味覚も敏感に!

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ