無料の会員登録をすると
お気に入りができます

上手に使い分けできてる?3大アイブロウアイテムの基礎

ペンシル、リキッド、パウダーといくつかタイプがある「アイブロウアイテム」。それなのに、なんとなく選んで、なんとなく眉メイクに使っていませんか?3つのアイブロウアイテムにはそれぞれ異なる特徴と、それに合わせた"使い分け方"があるんです。使い方と合わせてひとつずつ紹介していくので、「自分にはどのアイテムが合っているのか」この機会に一度見直してみて!

ファッション

アイブロウアイテム、上手に使い分けできてる?

今や美容雑誌で特集が組まれるほど、注目している人が多い眉メイク。アイテムもペンシル、リキッド、パウダーといくつか種類がありますよね?

ここでみなさんにひとつ質問!

「今使っているアイブロウアイテム、なんとなく選んでいませんか?」

NOと答えた人は◎、YESと答えた人は一度アイブロウアイテムを見直してみるといいかも。ペンシル、リキッド、パウダーにはそれぞれ異なる特徴と、それに合わせた使い分け方があるんです。ひとつずつ紹介していくので、自分にはどのタイプが合っているのか?また、使用する際はどう使い分けるべきなのか?ここでしっかり押さえておきましょう。

ペンシル・リキッド・パウダーはこんな使い分けがおすすめ!

まずは、ペンシル・リキッド・パウダーのそれぞれの特徴について。

紙に描いたものを見てもわかるとおり、ペンシルは程よい色づきで細かい線も描きやすく密着度も高めです。リキッドも細かく描くことはできますが、ペンシルよりも発色がはっきりとしています。対するパウダーはふんわりとした発色で柔らかさがありますが、細かい部分は描くのがちょっぴり難しそうなイメージ…。

このように仕上がりが全く異なる3つのアイブロウアイテム、今の眉メイクに満足している人はペンシルのみ、リキッドのみ、パウダーのみと1つのアイテムで仕上げてOK。ですが、そうじゃない人はそれぞれの特徴を活かし、3つのアイテムを使い分けるのもひとつの手。

では、「どんな部分を描くのに適しているのか?」アイテムごとにチェック!

《アイブロウペンシル》は、輪郭や眉尻など眉の形の微調整に

ペンシルは、眉の輪郭をとったり、眉尻など細かい部分を描くのに便利。眉山部分など、「くっきりと見せたい」「メリハリをつけたい」という部分に使用するのもおすすめです。

ただ、眉頭など眉毛が少ない場所に使用すると、くっきりとしすぎてしまいちょっぴり違和感のある仕上がりに。いかにも「描いてます!」という不自然な眉毛は、古臭い印象を与えてしまうので控えるのがベター。

《アイブロウリキッド》は、足りないところに1本1本描き足す時に

「ペンシルでも代用できる」という声もありますが、眉毛が元々濃い人はリキッドの方がよりナチュラルに仕上がりますよ。自分の眉の濃さに合わせて、ペンシルでカバーするか、またはリキッドでカバーするか選んでみるといいかも◎

記事に関するお問い合わせ
オリジナルサイトで続きを読む