無料の会員登録をすると
お気に入りができます

食べるの大好き夫婦で食費3万円! お米だって賢く手に入れよう♪

ライフスタイル

家計の中でも節約効果が現われやすいのが食費。でも切り詰め過ぎると食卓が貧相になるし、心もすさむ…。しかし食べるのが大好きという夫婦でも食費は3万円に抑えられるというマルコさん。さてその秘訣とは……?※食費は米代、酒代を抜いた1カ月分です。

節約の記録をインスタにアップして節約!夫婦2人、マルコさんの場合

●インスタに情報を公開して節約意識を向上させる

マルコさんの食費は週予算制。宅配システムは2500円、それ以外で買い物する予算を5000円以内と決め、その中でやりくりしています。予算内で乗り切る秘訣は、インスタグラムへの投稿にあるよう。

「インスタを始めてから、節約に対する意識が高まりました。節約って1人でやっていると、気を抜こうと思えばいくらでも抜けるんですよね。でも今はインスタを見てくれる人もいるし、節約に励む仲間から応援コメントをもらえるから、モチベーションを保てています」「食べるのが大好き」というマルコさんが作る料理は、色鮮やかでバラエティー豊か。自由な発想で節約を楽しむ様子に「いいね!」が集まり、それが継続を支えています。

●日々の食事写真と節約ネタをアップ!それが自制に

肉や魚などはスーパーで新鮮なものを購入し、それ以外の材料は、カード払いの宅配システムで購入しマンネリを防止。インスタでは、そんなルールで作るお弁当から献立表、家計を公開しています。「見ていてくれる人がいると、苦手なお弁当作りにも力が入るし、ムダづかいの自制にもなります」。

☆メニュー表も公開することで調理の段取りもスムーズに

1週間分の節約献立表を公開したところ、120件以上の「いいね!」が。そのつど、献立に迷わなくなるから調理もスムーズになって一石二鳥。

●この合わせ技でもっと節約!

→あらかじめ取り分けた週予算で乗り切る:予算は週単位で管理。現金は1週間で5000円以内とし、お札をクリップ分けすると、使える分が明確に。来客などの予定がある週は、出費を見越して予算を増額すると挫折しません。

→おいしさ重視でマンネリさせない!:「食べたい!」と思う食材を見つけたら、少し高くても週予算内ならOKとし、購入。野菜は産地直送が安く買える店にも足を延ばします。好奇心を追求するとマンネリ防止に。

→お弁当はがんばり過ぎず楽しんで:大きい容器に盛る、肩ひじ張らないお弁当が好評。これは前夜のタコパで余ったたこ焼きを詰めた、その名も「祭りの余韻弁当」。固定観念に縛られない姿勢で、楽しい節約生活に。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ