無料の会員登録をすると
お気に入りができます

食べるの大好き夫婦で食費3万円! お米だって賢く手に入れよう♪

ライフスタイル

みんなはやっている節約ネタは?お米&お酒を賢く手に入れるには?

【お得にゲット!お米編】

●新聞の契約を半年ごとにして契約特典でお米をもらう

新聞購読契約の景品として、お米やビール券をくれるところは多いもの。あえて新聞社にこだわらず、半年ごとに契約先を替えるのも手。契約を結ぶ前に、何社かに「契約すると何がもらえるか」を確認するのが、希望の景品を手に入れるコツ。この方法で半年ごとにお米10㎏ゲットしてる人も!

●クレジットカードやスーパーのポイントをためて交換する

実践している人が多かったのが、固定費などの支払いをクレジットカード払いにしてポイントをため、それをお米やお酒に交換するテク。ポイント倍増デーは見逃さず、やや値が張る日用品を購入してポイントの足しに。この方法は、スーパーのポイントシステムにも応用できます。

●ふるさと納税の返礼品がお米のところを狙う

節税メリットもある「ふるさと納税」。楽しみの一つである返礼品がお米である自治体は意外に多く、なかでもお米は銘柄米揃いで、おいしさは格別です。中には「2カ月に一度20㎏送られてくるので食べ切れない」とうれしい悲鳴を上げる人も。自治体によってはお酒の返礼品もあります。

【お得にゲット!お酒編】

●お酒は「訳あり」などのアウトレット品を購入

なかなか安くならないお酒が激安になるのが、「訳あり」のアウトレット品。ラベルが少し剝がれているワイン、もうスーパーには並んでいない旧パッケージや前シーズンの限定味のチューハイが破格で発売されることも。ネット系のお酒ショップをマメにチェックしてみて。

●スタンダードな銘柄なら定期便購入が安くてラク!

「ビールはコレ!」と、指定の銘柄がある場合は、定期購入がお得です。ショッピングサイトで通常購入と定期購入を比較すると、ビール1本当たり3~6円の差が。ほとんどが送料無料で配達してくれて、カードのポイントがたまるメリットも。車がなく、大きな買い物ができないお宅の味方になります。

●箱買いで格安購入。本数をやりくりして飲み過ぎセーブ

お酒は1本ずつ購入するより、同銘柄を箱買いするほうが安いです。箱買いは、飲み過ぎてしまう危険がありますが、その日飲む分だけを冷やせば防げます。また、購入した本数の中でご主人にやりくりしてもらい、それ以上飲みたい場合は自腹にするルールにすると、家計を圧迫しません。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ