無料の会員登録をすると
お気に入りができます

糖質70%オフのカヌレも![2021年]京都で食べたいトレンドスイーツ6選

旅行・おでかけ

伝統ある和菓子から、最新の洋菓子まで充実している人気の街・京都。2021年もトレンドのスイーツが京都のお店ならではのアレンジで登場しています。そこで今回は京都で食べたい、今年のトレンドスイーツをご紹介します。

1.〈La KLASSIQUE(ラ・クラシック)〉のレモンケーキ

〈オ・グルニエ・ドール〉出身の加藤雅也さん・喜子さん夫妻のパティスリー。「酸味も香りも穏やかな三重県産のレモンの皮と果汁を使い、しっとりしたバターケーキに砂糖衣をかけて。半生菓子の儚(はかな)さも魅力」(松本さん)。1個341円。
〈La KLASSIQUE(ラ・クラシック)〉
■京都府京都市左京区下鴨森本町13-9 糺の森ビル本館1F
■075-746-3059
■10:00~18:00(イートイン11:00~17:00LO)日月休(祝の場合は営業)
■10席

2.〈Botanic Coffee Kyoto(ボタニック コーヒー キョウト)〉の銅板で焼くフレンチトースト

2021年、ヴィンテージマンションに登場したカフェには焼きたてアップルパイやホットケーキなどできたてスイーツが充実。「注文を受けてから銅板でじっくり焼き上げる、ふんわり生地のフレンチトーストはスライスレモンがアクセントに」(nanshiさん)。800円。搾りたてレモンスカッシュも人気。
〈Botanic Coffee Kyoto(ボタニック コーヒー キョウト)〉
■京都府京都市左京区鹿ケ谷上宮ノ前町54-7
■075-366-4723
■9:00~18:00 月休ほか不定休
■20席

3.〈Sinless Café(シンレスカフェ)〉のシンレスカヌレ古都、シンレスカヌレ東洞院

シンガポール発、日本初のノーシュガーカフェの一品。ここのカヌレは低糖質料理研究家の阪本久枝さんによる手作り。小麦粉や砂糖を一切使わず、通常品より糖質70%オフに仕上げたギルトフリーのカヌレだ。「普通のカヌレと遜色ない甘さと食感に驚きました」(松本さん)。左・300円、右・400円。
〈Sinless Café(シンレスカフェ)〉
■京都府京都市中京区東洞院通二条下ル瓦之町384
■075-256-0033
■11:00~21:30 不定休
■8席

4.〈亀屋良長〉のそんなバナナ、

免疫力向上に効果があるとされるバナナを使用。波照間島産の黒糖と、〈ダンデライオン・チョコレート〉のカカオを使ったカカオ羊羹をかけた、2020年4月登場の新作。「笑うことも免疫力アップに繋がるとのことで、くすっと笑える菓銘にしたセンスにも拍手」(平岩さん)。1本1,296円(税込)。
〈亀屋良長(かめやよしなが)〉
■京都府京都市下京区四条通油小路西入柏屋町17-19
■075-221-2005
■9:00~18:00 無休(元日、1月2日除く)

5.〈京都祇をん ににぎ本店〉の王様いちごの福

京都祇園に本店がある和菓子店〈ににぎ〉が、自由な発想で果実のおいしさを最大限に引き出すために作ったフルーツ大福「菓実の福」。白餡だけでなく、ホイップクリームを合わせた「王様いちごの福」は、和菓子でありながら洋菓子のようなハイブリッドスイーツ。
〈京都祇をん ににぎ本店〉
■京都府京都市東山区祇園町北側347-115
■075-541-2120
■10:00~2:00(日祝~18:00)不定休

https://kajitsunofuku.jp/

6.〈ASSEMBLAGES KAKIMOTO(アッサンブラージュカキモト)〉のルーロー・ピスターシュ

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ