無料の会員登録をすると
お気に入りができます

デキる女性は頼り上手♡デートで使える「奢られマナー」

楽しいデートに出かけて少し困るのが「お会計」。奢られて当たり前と思っている態度も失礼だけれど、あまりに頑なに出すと言うのも男性のプライドに関わることもあるし…。そんな女性へ、男性が不快にならない「奢られマナー」を心得ておきましょう。

2018年10月
恋愛・結婚

奢られるのも、奢るのも失礼?

「奢られマナー」を心得ましょう

彼や気になっている男性と食事に行ったとき、少し困るのが「お会計」ですよね。当然のように奢られようとするのは良い態度とは言えません。かといって、気が引けるからと頑なに受け入れないと相手を傷つけてしまう可能性もあります。

いったいどんな行動を取るのが正解なのでしょうか。そこで、デートに行ったときに参考になる、スマートな奢られ方をご紹介します。

奢られマナー基本の3つのルール

奢られて当たり前、と思わない

奢られないと「私に気がないのかな?」「軽んじられてる?」と思う人もいるかもしれません。しかし、そんなことはありません。一緒にその時間を楽しんだのですから、自分もお金を払うのは自然なことです。

奢ってくれるのが相手の厚意なだけで、奢らないのが嫌な人でもケチな人なわけではありません。それぞれの価値観です。なので、奢ってもらって当たり前、とは思わないこと。奢ってもらったときは相手の厚意に感謝しましょう。

交際前なら立場で考える

二人が交際しているかしていないのかも大切なポイントです。気になっている相手とのデートや食事だとしても、まだ付き合っていないのであれば、お互いの立場で考える必要があります。

相手の立場が上の場合。職場の上司やかなり年上の知人なら、むしろこちらが出すことが失礼な場合もあります。「ご馳走する」と言われたら、素直に奢られるのがマナーです。

相手と立場が同じ場合。同僚や男友達、年齢が近い人なら、奢る奢られるよりも割り勘の方がスムーズです。相手の立場が下の場合。部下やかなり年下なら、むしろこちらが奢りましょう。

交際中なら二人の価値観を知る

交際中なら年齢や立場は関係なく対等な関係なので、会計に関してお互いの考えを話し合っておきましょう。奢ってほしいという人もいれば、奢りたいという人もいます。また対等だから割り勘にしたいという人も。

それぞれ人によって価値観が異なるので、お互いの考えを知ることが大切です。お金は生活にも関わる大切なことなので、避けずに話し合っておくことで、関係を良くすることにもつながりますよ。

記事に関するお問い合わせ