無料の会員登録をすると
お気に入りができます

ムダ肉を目立たせない!着やせを狙った「リブ編みニット」の3大ポイント

ライフスタイル

ここ数年で、かつての人気を取り戻した“リブ編みニット”は、多くの女性にとってマストアイテム。リブ編みニットの魅力といえば、リブ部分の畝(うね)により“細くすっきり”見えること。今回は、そんなリブ編みニットで本当に細くスッキリ見せるポイントを、スタイリストの筆者がお答えします。

高田 空人衣(くにえ)

■ネックラインはこれに限る!

他人が着ているリブ編みニット姿をふと見たとき、ニットにしっかりと贅肉が浮き出ている様子がうかがえたり、「細くすっきり」というより、膨張して「太くふっくら」して見える様子を目にしたこともあるでしょう。つまり、リブ編みニットをただ着たからと言って、誰でもほっそり見えるわけではないのです!
リブ編みニットを着てほっそりすっきり見せたいなら、ネックラインがどのようなものを選ぶかが重要です。

タートルネックやハイネックといった首が隠れるものや、スポーツTシャツのようにネックラインが狭めのクルーネックのものは、もともと華奢な人にはいいけれど、上半身のぽっちゃりに悩む女性にとっては避けたほうが無難。
深めのVネックや、ボートネックのように首まわりの開きが広めのものを選ぶと、リブ編みニット本来の力を発揮!
ほっそり見えを叶えてくれます。

■細め、太め? ベストなのはこれ!

リブ編みの縦ラインにある畝。この畝の幅をピッチ幅というのですが、よくこのピッチ幅が狭い、つまり細いほうがほっそり見えると思われがちですが、じつは「NO!」。
もともとぽっちゃりとした女性が細いピッチ幅のリブ編みニットを着てしまうと、この畝の広がり生地ののびが目立ち、余計に膨張して見えてしまうのです。

ベストなのは、細めと太めがミックスされたもの。
畝の部分が細いところは生地も薄く、太めの畝のところは生地が厚くなっているリブ編みニットがあります。このように、ただ単に畝の太さだけでなく、生地の厚みまでも変えてデザインされているものが、うまく体のムダな凹凸をカモフラージュしてくれて、結果、すっきり見え効果が高くなるのです。

■薄手すぎるのはNG!

リブ編みニットの場合、肌がうっすら透けるようなものや、下着のラインをひろってしまうような薄手のものは、避けるようにしましょう。
薄手すぎるニットは、もれなくムダ肉もひろってしまいます。

以上、リブ編みニットを着て本当にほっそり見えるための3大ポイントをお伝えしました。
新調するときは、これらのポイントを要確認! 手持ちのリブ編みニットは、今一度、着用して確認してみて。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ