無料の会員登録をすると
お気に入りができます

「唾液エキササイズ」で口臭予防! 匂いの原因や改善のための生活習慣

ライフスタイル

■口臭の原因は唾液不足

9月11日放送の「美と若さの新常識~カラダのヒミツ~」(NHK)では、気になる口臭の悩みを解決する方法を特集。生活習慣の改善や舌のエクササイズで、匂いを撃退する方法が取り上げられました。

そもそも口臭の原因となるのは、口の中に潜む細菌。口内細菌の数は約500種類1000億個以上あり、その中に匂いの元となる菌も存在します。菌が放つ匂い成分を閉じ込めてくれるのは、口内をうるおす唾液。唾液がたっぷり出ていれば、菌の匂いを消して胃の中に送ってくれるのです。

しかし唾液が不足してしまうと、菌が活発になり匂いが増加。口の外にもあふれだし、口臭を悪化させてしまいます。唾液の分泌が不足するのは、食生活の乱れや睡眠不足、ストレスや疲労など悪い生活習慣が原因。アルコールも口の中を乾燥させるので、お酒をよく飲む人も口臭がきつくなる可能性があります。

自分の口臭が気になるときは、鏡で舌をチェックしてみましょう。匂いを出す菌は舌の上で繁殖し、表面を白っぽい色や黄ばんだ色に変色させるからです。苔のように表面を覆う菌は「舌苔」と呼ばれ、定着すると匂いの原因に。ブラシでみがくだけでも菌の成長を妨げるので、色味が気になってきたら試してみてください。

■「唾液エキササイズ」で口臭予防

唾液の分泌が少ないと感じたら、舌を回す「唾液エキササイズ」がおすすめ。まずは舌を前歯と唇の間に入れて、ゆっくりと1回転させていきます。舌の動きに合わせて、目も同じように回転。口もとと目もとの筋肉は繋がっているので、目を回すことでさらに効果が上がります。

舌を回すときは、唇が膨らむくらい強い力で押すのがポイント。左右に3回ずつ回したら、痛くならないようあご舌から首にかけてやさしくさすってください。このエクササイズを行うことで、唾液を分泌する小唾液線を刺激。刺激時唾液と呼ばれる唾液が分泌されて、口腔内をうるおしてくれます。舌を回すことで顔の筋肉も鍛えられるので、ほうれい線予防やリフトアップにもつながりますよ。

役に立つ口臭対策は、視聴者から「唾液の大切さがよくわかった」「チェック方法から教えてくれて助かる」「さっそく舌の掃除とエクササイズを始めてみよう」と大好評。口臭が気になる人は、ぜひ試してみて!

文/プリマ・ドンナ

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ