無料の会員登録をすると
お気に入りができます

"猫見知り"から始まった 福士蒼汰さんと猫・ナナの絆とは?

作家・有川 浩さんのベストセラーであり、多くの猫好きを魅了した『旅猫リポート』が、ついに実写化。人と猫との境界を超えた関係性を描くこの作品で、主演の福士蒼汰さんが、ナナ役のトムくんとの共演で築いた絆とは? ねこのきもちWeb編集室がインタビューしました!

カルチャー

映画『旅猫リポート』の撮影を通じて変わった猫観

交通事故で瀕死のケガを負ったノラ猫「ナナ」を保護し、ともに暮らしてきた主人公・宮脇悟。“やむを得ない事情”を抱え、ナナとともに、新たな飼い主となってくれる人を探す旅へ−−。

作家・有川 浩さんのベストセラーであり、多くの猫好きを魅了した『旅猫リポート』が、ついに実写化。10月26日より全国で公開されます。人と猫との境界を超えた関係性を描くこの作品で、主演の福士蒼汰さんは、ナナ役のトムくんとの共演で、「猫」という生き物に対してどんな想いを抱いたのでしょうか。ねこのきもちWeb編集室がインタビューしました!

初めての猫との映画共演にドキドキ!

小学生から高校生までの間、実家で愛犬と暮らしていたという福士蒼汰さん。一方で、これまで猫と接する機会は少なく、お芝居での猫との共演を果たしたのは本作が初だそうです。

「最初のうちはナナ(トムくん)との距離感にドキドキして、“猫見知り”してしまいました。抱っこしてもイヤイヤだったので、『この先、大丈夫だろうか』という思いがよぎって。そもそも猫を抱っこすることが難しいとも考えていなかったんです。緊張がありつつのスタートでした」

やっぱり“ねこのきもち”が一番難しい!

とはいえ劇中では、ナナを愛情深く抱きしめるシーンが度々。アニマルトレーナーの方から直接的な指導を受けたわけではなく、撮影を進めながら少しずつコミュニケーションの方法を探っていったそうです。

「ナナは抱っこが苦手だと思っていたんですが、その抱っこの形がナナにとってはイヤなだけだったようです。ぐねぐね〜と動きながら、腕の中でフィットする瞬間があって。ナナが体を委ねてくれやすい力加減とか、なんとなくわかってきました」

ふつうに抱っこをしても、日によってはイヤなこともある。そういうときは、肩にのせて抱っこをしたり、赤ちゃんみたいに抱っこをしてみたり。犬とは違う関係づくりは、試行錯誤の連続!

「やっぱり“ねこのきもち”が一番難しいです!(笑)」

屈託のない笑顔でそう話してくれた福士さん。しかし、インタビュー当日、撮影以来の再会を果たしたトムくんをやさしくなでて落ち着かせる様子は、映画で観る深い絆で結ばれた「悟とナナ」そのものでした。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ