無料の会員登録をすると
お気に入りができます

お弁当箱に早変わり♡ おしゃれと便利を兼ね備えた「保存容器」集めました

作り置きおかずをお弁当につめかえる手間を省きたい!そんな方には、そのままお弁当箱として持ち歩ける保存容器がおすすめです。今回は、つめかえ不要の便利な保存容器をご紹介します!

2018年10月
ライフスタイル

保存容器どれにしようか迷う…

常備菜や作りおきのおかずってみなさんはどんな容器で保存していますか?100均のプラスチック容器でおしゃれなものはたくさんありますが、匂いが付いてしまったり劣化が早かったりと不満を持っている方も多いはず。

また、保存容器の種類が多いほど冷蔵庫の中も整理しにくいですし、見た目もバラバラで気分も萎えてしまいますよね。大切なのは長く使えて、見た目もシンプルな使いやすい保存容器を選ぶこと。

今回は、お料理上手さんが愛用する優秀な保存容器をご紹介。種類や値段、特徴など保存容器をどれにしようか悩まれている方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

保存容器のあれこれ

耐熱プラスチック

一般的な保存容器といえば、値段も手頃な耐熱プラスチック。匂いや色移り、劣化などのマイナスポイントもありますが、電子レンジが使えるので普段使いにはもってこいの商品といえるでしょう。

耐熱ガラス

耐熱ガラスの保存容器は、匂いや色移りがほぼなく、電子レンジや蓋を外した状態であればオーブンでも利用できるのが特徴的。ただし、重くて滑りやすいため取り扱いには十分注意が必要です。

ホーロー

ホーローは、見た目がおしゃれで憧れを持っている人も多い保存容器ですよね。そのまま火にかけて温めることができるのが最大の特徴ですが、電子レンジが不可だったり蓋をしたら中身が見えないといったデメリットがあります。

どれを選ぶ?おすすめ保存容器9選

1. フタをしたまま電子レンジで使える バルブ付き密閉保存容器/無印良品

www.muji.net

保存容器の中でもトップクラスの人気を誇る、無印良品のプラスチック製保存容器。一般的なプラスチックよりも熱に強く、耐久性に優れています。また、サイズ展開は6つもあり、重ねたり並べてもすっきりと収まりますよ。

記事に関するお問い合わせ