無料の会員登録をすると
お気に入りができます

ギリギリのところで…♡ 男性が「好きな人にやりがちな仕草」5つ

恋愛・結婚

目の前に好きな人がいると、動揺してしまうこともありますよね。なかには、普段の行動とは少し違うことをしてしまう場合もあるでしょう。そういった行動の変化は、相手が自分のことを好きかどうか判断するヒントになるはず。そこで今回は、“好きな人にやりがちな仕草”について、男性たちに意見を聞いてみました。

すぐに「触れようとする」

「相手のことが好きだからこそ、無意識にその人のカラダに触れたくなるんです。
でも、“イヤがられるとどうしよう……”と思い、ギリギリのところで触れるのをやめてしまうことがよくあります」ショウヤ(仮名)/27歳

好きな人にボディタッチをしたい反面、躊躇いもあるのでしょう。もし相手が触れてこないものの、手がいつも近くにある場合は、それはあなたに触れたいと思っているサインかもしれません。

常に「目で追う」

「職場に好きな女性がいるんですね。その人とはデスクが離れているんですが、しょっちゅうそっちを見ちゃいます。
立ち上がったりしたときに目で追ってしまうんですが、たまに目が合うこともあって……。そういうときは、慌てて目を反らしています」ソウタ(仮名)/26歳

好きな女性のことが、常に気になってしまうのでしょう。そのため、無意識のうちに相手に視線を向けてしまうというわけですね。

いつも「相槌が多い」

「彼女と話をしているときは、真剣に聞くようにしています。だから、自然と相槌が多くなりますね。
相手には“ちゃんと聞いているんだな”と思われたいので。あと、“何か気の利くことを言いたいな”とも思っているので、頭もフル回転させています」エイト(仮名)/25歳

会話中に相槌を打つことで、共感していることを示しているのでしょう。彼としては、好きな人の言葉を一言一句聞き漏らしたくないのかもしれません。

自然と「行動が大げさ」に

「相手が好きな女性なら、常に気を引いていたいんです。
だから自然と声が大きくなったり、行動が大きくなったりしますね」ヒロ(仮名)/29歳

相手に自分のことを意識してもらうために、わざと大げさな行動を取っているのでしょう。そうやって相手の気を引くことで、自分だけを見て欲しいのかもしれません。

スマホの「着信をスルー」

「デート中、スマホが鳴ることもあるけれど、ほとんど無視しますね。彼女との大事な時間を邪魔されたくないので。
彼女に指摘されても、“大丈夫”って言います。内容はデートが終わってから確認しますね」テルアキ(仮名)/31歳

2人だけの楽しい時間を邪魔されたくないのでしょう。彼がデート中にスマホをあまり見ないのであれば、それは“あなたとのデートに集中したい”という気持ちの表れかもしれません。

“男性が好きな人にやりがちな仕草”をご紹介しました。

もし彼があなたに対して今回紹介したような行動をとっているのなら、あなたのことを好きな可能性は高いかもしれませんね。

©LightFieldStudios/gettyimages
©fotostorm/gettyimages

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ