無料の会員登録をすると
お気に入りができます

マイクロニードルパッチって知ってる? コア技術で有名なNISSHAが発売する『NEEDROP マイクロニードルパッチ』を調査してみた

美容

03美容成分を効率的に肌へ届けてくれるスキンケア化粧品として人気の「マイクロニードルパッチ」。さまざまなメーカーから発売されているが、コア技術で有名なNISSHAが発売している『NEEDROP マイクロニードルパッチ』はほかのマイクロニードルパッチと何が違うのか、その特長や使用感に詳しく迫ってみた!

痛くない&折れにくい! NISSHAの『NEEDROP マイクロニードルパッチ』を乾燥小じわに貼ってみる

最近話題の「マイクロニードルパッチ」とは、ヒアルロン酸などの美容成分を極細のニードル(針)状にしたパッチのこと。角層に浸透させるために、化粧品メーカーは美容成分や処方そのもののサイズを小さくする努力をしてきた。そんな中、ヒアルロン酸と美容成分をニードル状に成形することで、角層を押し分けて角層最深部まで届けるという新しい浸透手法を実現したのがマイクロニードルパッチだ。

今回ご紹介するのは、1929年に創業し、京都に本社を構えるグローバルテクノロジー企業・NISSHA株式会社(京都市中京区)から発売されている、『NEEDROP マイクロニードルパッチ』(1箱4袋/各2枚入り・価格 税込6.600円・発売中)。「高精密な成形技術」「ラミネーション技術」「印刷技術」「コーティング技術」「パターニング技術」の5つのコア技術を有するNISSHAが、それらの技術を先進美容に応用した先進型のマイクロニードルパッチだ。

その大きな特長が、痛くない&折れにくいこと。マイクロニードルパッチは肌にとがった針状のパッチを貼るため、多少の痛みがあるのが一般的。けれど『NEEDROP マイクロニードルパッチ』の場合、高精細成形工法により、針が独自開発形状である円錐台形となっているため、先端がとがっておらず痛くない上、根元が太く折れにくくなっている。針は角層を突き破らない設計を目指したもので、安全を考慮したいという思いに安心を感じる。

またNISSHAの技術を活かした独自製法により、ニードルの本数は3,600本にもなるというからすごい。ニードル数が一般的なものに比べて密度が高い製法で、より多くの成分を隙間なく届けることができる。

このように『NEEDROP マイクロニードルパッチ』は針形状や密度が違うのが特長だが、さらに0.1mmという微細な針作りには、精密加工技術を磨き培った超微細技術が生かされているのも特長となっている。

ニードルの主成分は、エイジングケアの代表的な保湿成分で水分保持力の高い「高分子ヒアルロン酸(※1)」と、肌のハリに欠かせない保湿成分「コラーゲン(※2)」、肌に水分を与えてキメを整える成分「バニリルブチル」。これまで高分子で肌に直接届けるのが難しかったこれらの成分も、マイクロニードル技術なら角層最深部まで浸透させることができるという。

(※1)ヒアルロン酸Na(保湿成分)

(※2)サクシノイルアテロコラーゲン(保湿成分)

なおサイズが大きい「高分子」と呼ばれるヒアルロン酸は、より多くの水を抱え込めるため大きく膨らむことができ、乾燥による小じわ対策に期待できそう。『NEEDROP マイクロニードルパッチ』は第3者機関の効能評価試験によって、「乾燥による小じわを目立たなくする」という効果が実証されているというから頼もしい…!

寝ている間にじっくり保湿成分が溶けて浸透(※3)! 翌朝にはみずみずしいうるおい肌に

1箱には4パック入っている。

さっそく『NEEDROP マイクロニードルパッチ』を使ってみよう! 使うタイミングは夜(入浴後)。洗顔して化粧水で肌を整えてから使用するのがおすすめ。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ