無料の会員登録をすると
お気に入りができます

誘われる女性になろう♡彼を振り向かせる8つの連絡ルール

彼からデートに誘われたいけど、どんな連絡をすれば良いのか迷っている方へ。誘われるための連絡ルールを心得ておきましょう。

2018年10月
恋愛・結婚

彼からデートに誘われたい!

連絡の仕方が大切でした♡

気になる彼との距離を縮めるためにはまずはデート。そのためにはLINEやメールでのアプローチが必要ですが、「どんな会話をすればいいんだろう?」と迷う人もいるのでは?

いい女は自分から誘わせるんです。そこで、彼が誘いたくなるような連絡術をご紹介します。

1.連絡する時間帯は夜

恋愛はリラックスモードになってから

男性は一つのことに集中すると周りが見えなくなるタイプが多いです。仕事やプライベートで忙しいときは、他のことが目に入りにくくなります。そのため男性が忙しいときに恋愛で仕掛けるのはおすすめしません。

デートに誘ってもらうなら、余裕があるとき。1日の中の時間帯であれば、仕事終わりの夜がベストです。食事をしてお風呂に入ったりもして、彼はリラックスしているでしょう。気も緩み、素直な気持ちも出やすいです。

2.褒め攻撃で好意をほのめかす

誘いたくなるドキドキ感

誘われる前段階として、こちらは好意がありますよとほのめかすことも忘れずに。相手からすると、気持ちがわからないまま誘うのは不安です。自分に気があるのかもと思うと、誘いやすくなります。

そこで連絡ツールを使って相手を褒めましょう。仕事で助けてもらったら「〇〇さんのおかげで助かりました!さすがです♡」と感謝を伝えて相手を褒めたり。「かっこいい」「素敵」という褒めワードも喜ばれます。

褒めつつストレートに好意を伝えても良いでしょう。「〇〇さんには本当に頼っちゃいます。頼れる人って私のタイプなんです」「〇〇君って優しいよね。私、優しい人って好きだな」なんていうように。相手もドキドキするでしょう。

3.さりげなく「予定空いてます」アピール

「断られるかも」のハードルを下げる

男性としてはデートに誘って断られると、どんな理由だとしてもプライドが傷ついてしまいます。そのため、なるべく断られないようにと考えるのです。相手が忙しいとデートに誘うのを躊躇してしまうことも。

Photo by STIL / Unsplash

そこで、あなたは予定が空いているとアピールしましょう。「今週末は何の予定もなくて寂しいんです」「明日の仕事終わりはまっすぐ家に帰るだけだよ」というように。断られるかもしれないというハードルを下げるのも大切です。

4.呑むのも、食べるのも、好き♡

食事デートに誘いやすい

デートに誘うとき、だいたいは食事が多いですよね。男性からすると、お酒が飲めないのに呑みに誘うのは申し訳ないですし、相手が小食なら行けそうな店も限られるし…と気遣いから誘いづらくなってしまいます。

なので、お酒が好きなら「呑めます」と、食べるのが好きなら「食べます」と伝えておくと、相手も誘いやすくなるでしょう。お酒が好きなら「ビアガーデン行きたいな」「こんな日は熱燗飲んで暖まりたいよね」など。

食べるのが好きなら「新しくできたインドカレー屋さん、すごくおいしいって友達から聞いたんですよ。早く食べたいな~」などとお酒や食の好みを伝えれば、彼も店を決めやすく、誘いたくもなるでしょう。

5.「もし誘われたら…」と妄想♡

「もしかして俺のこと…」と彼も妄想

連絡のやりとりをしながら、「もしあなたに誘われたら…」とほのめかし、「自分はOKですよ」と暗に伝えるのもありです。「〇〇君と一緒なら楽しそう!」「〇〇さんに誘われたら、うれしくて予定空けちゃう(笑)」なんていうように。

www.pexels.com

ここまで言われると、さすがに男性も「もしかして俺のこと…」とあなたの気持ちに気づくはずです。誘ってOKというサインもハッキリと出されているので、彼は断られることを不安がらずに誘ってくれるでしょう。

6.独り言のように願望をつぶやく

具体的な要望を伝えやすい

デートに誘いたくても、相手がどんなことに興味があって何が好きなのかわからず、迷う男性もいます。もし好みではないことに誘ってしまったら申し訳ないな…という優しい心配りです。

そこで、あなたから独り言のように自分の要望を伝えましょう。「寒くなってきたからあったかいものが食べたい~」「今やってる映画がすごく面白いらしいから、見てみたいな」というように具体的に。

さらに「一人だとちょっと行きづらいんだよね…」や「二人で行けたら最高♡」など、あくまで一人や大勢で行きたいわけではなく、あなたと行きたいとアピール。これなら「じゃあ、行こうか?」と彼も誘いやすいです。

7.彼の発言に「私も」で同意する

肯定されているようでうれしい

こちらから要望を伝えても、彼の反応がイマイチなときもあるでしょう。もしかすると、彼の好みではなかったのかもしれません。そこで、逆に彼の話を引き出して、そこからデートに発展させるのもありです。

彼が興味のあることに「私も気になる!」、行きたい場所について話したときに「私も行ってみたいな~」と、「私も」と同意。彼は肯定されている気持ちになるので、心を開きやすくなります。「じゃあ、行ってみる?」と続けやすくなるでしょう。

ただし、あなたが興味もないのに「私も」と嘘を吐くのはおすすめしません。態度や発言で本当は興味がないことは相手に伝わってしまいます。本当に関心を持てたことだけに反応しましょう。

8.「教えて」でプライドも刺激

教えてもらうデートプランへ導く

彼が得意なことや詳しいことに関して、「教えて」という姿勢を見せるのも喜ばれます。頼りにされることで、男性としての自尊心を刺激されるからです。

例えば、「〇〇さんはお店に詳しいから、良いところを教えてもらいたいな~」「映画通の〇〇さんのおすすめの一本見てみたいな」「最近、筋トレしたいって思ってて。〇〇さんから勉強させてもらおうかな」…など。

彼から教えてもらう機会=デートになります。彼が「それなら〇〇に行こうか?」「〇〇がおすすめだよ」と教えてくれたら、「一緒に行きたいです!」「二人で見ませんか?」とデートのお誘いにつなげましょう。

連絡テクで彼を振り向かせる♡

LINEやメールの連絡を上手に使い、彼とコミュニケーションを取ることで、デートに誘われやすい状況を作ることができます。連絡テクニックで彼を振り向かせましょう。

記事に関するお問い合わせ